鎌倉版 掲載号:2017年9月15日号 エリアトップへ

鎌倉市 渋滞対策の実験地域に AI活用しデータ収集

社会

掲載号:2017年9月15日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市は9月7日、国土交通省が新たに設けた「観光交通イノベーション地域」に選定された。これは同省が中心となって渋滞解消に向けた実証実験などを先駆的に実施することで、魅力ある観光地を創造しようという取り組み。市内では今後、人工知能(AI)などの最新技術も活用しながら、ロードプライシングの実施に向けたデータ収集が行われる。

 観光交通イノベーション地域は、8月2日から21日までの期間で公募が行われ、鎌倉市は京都市とともに「エリア観光渋滞対策の実験実施地域」に選ばれた。

 今後は国交省が中心となって実験協議会が設置され、鎌倉市内でロードプライシング(地域内を走行する自動車に一定の課金をすることで、通行量を抑制する仕組み)の実施に向けたデータ収集が、今秋以降に行われる予定だ。

 実験にはAIを搭載したカメラなどを使用。流入台数や通過交通量の把握のほか、ETCを装着した車両の割合といった項目について、長期的な調査を行う。最新技術の活用により、渋滞発生のパターンなども解析するという。

課金で交通量抑制へ

 年間2千万人以上が訪れる観光地ながら、中心部に通じる道路が限定される鎌倉市では、休日を中心に渋滞が発生し、市民生活に大きな影響を与えてきた。

 そうしたなかロードプライシングは、1996年にまとめられた「鎌倉地域の地区交通計画に関する提言」が示した「20の施策」に盛り込まれるなど、有効な渋滞対策の一つとして早くから注目を集めてきた。

 2012年には市民や商工業者、学識経験者、行政関係者らによる「鎌倉市交通計画検討委員会」が発足。同委員会が15年3月に発表した「鎌倉地域の地区交通計画に向けた中間とりまとめ」では、検討の必要性に改めて言及した上で「対象日はすべての土日祝日など年間120日程度」「市外から流入する車両を1とした場合、市民の負担割合は0〜0・1程度」など、制度導入に向けた具体的なイメージも提示された。

 松尾崇市長は選定を受けて「今回の実証実験を足掛かりにして、渋滞解消に大きな期待ができるロードプライシングの実現に向けて積極的に取り組みたい」とコメントした。

鎌倉版のトップニュース最新6

一般会計は前年比29億円減

2021年度当初予算案

一般会計は前年比29億円減 政治

コロナ対策と将来施策を両立

2月19日号

前年比8人減の82人に

待機児童

前年比8人減の82人に 社会

定員拡大で新たな需要も

2月19日号

小町大路に立体標示設置へ

小町大路に立体標示設置へ 社会

安心して歩ける道に改善

2月12日号

「村岡新駅」2032年頃開業へ

「村岡新駅」2032年頃開業へ 社会

藤沢─大船間 4者が合意

2月12日号

大河へ「推進協議会」発足

大河へ「推進協議会」発足 文化

ドラマ館運営やロゴ展開も

2月5日号

文科大臣賞を受賞

放課後かまくらっ子

文科大臣賞を受賞 コミュニティ教育

地域連携や持続性が評価

2月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク