鎌倉版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

救急搬送44.5%が軽症 火災死者はゼロ1千日達成

社会

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市消防本部がこのほど、昨年1年間における火災と救急の概況を発表した。これによれば、火災による死者はゼロだったものの救急出動件数は増加傾向が続き、軽症者が全体の44・5%にのぼった。

 昨年1年間に発生した火災は29件で、「建物火災」が20件、「その他の火災」が9件だった。ただ、火災による死者はゼロで、11月23日には「火災による死者ゼロ1000日」を達成。1月24日現在も続いている。

 出火原因は「電気関係」4件、「コンロ(天ぷら油含む)」「たばこ」がそれぞれ3件、「放火(疑い含む)」が1件、「不明・調査中」が10件で「その他」が8件だった。

 市消防本部によると、スマートフォンなどに使用されるリチウムイオン電池等による火災が全国的に増えているという。主な原因に「他機器の充電器を使用して充電した」「バッテリーに外部から衝撃を与えた」などがあるとして、注意喚起をしている。

適正利用呼び掛け

 また、救急出動件数は1万656件で前年比2・8%の増加、救急搬送人員は1万32人で前年比1・8%増加となった。これは救急車が1日平均約29件出動し、鎌倉市民17人に1人が利用したことになる。

 しかし、傷病程度でみると全体の44・5%を「軽症者」が占めており、増加傾向が続いている。

 市消防本部は「重症者が発生した場合の救急搬送に大きな支障をきたすことにもなるので、救急車の適正利用にご協力を」と呼びかけている。

 診療時間外でも診療に応じる医療機関については医療機関案内【電話】0467・24・0099で確認を。

鎌倉版のトップニュース最新6

「鎌倉大根」の魅力知って

「鎌倉大根」の魅力知って 文化

市民団体がブランド化目指す

12月6日号

可燃ごみ、逗子で処理へ

可燃ごみ、逗子で処理へ 政治

広域化計画素案に明記

12月6日号

台風対応に2.8億円補正

鎌倉市

台風対応に2.8億円補正 社会

倒木処理や崩落防止実施へ

11月29日号

推薦書作成を「休止」

世界遺産登録

推薦書作成を「休止」 政治

新たなコンセプト構築できず

11月29日号

国登録文化財へ

国登録文化財へ 文化

築87年の洋風住宅

11月22日号

車道通行規制日中のみ解除

車道通行規制日中のみ解除 社会

国道134号陥没現場

11月22日号

常設の「冒険遊び場」開設

常設の「冒険遊び場」開設 教育

旧梶原こども会館を利用

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク