鎌倉版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

鎌倉市 「未病センター」を開設 市福祉センター1階に

社会

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena
骨密度などの測定機器を設置
骨密度などの測定機器を設置

 鎌倉市は1月22日、市福祉センター1階に「未病センターかまくら」を開設した。県が進める「未病の改善」の取り組みの一環で、各種測定機器が無料で使えるほか、保健師など専門家が常駐し健康に関するアドバイスを行う。市では「身体の状態を『見える化』することで、健康づくりにつなげてもらえたら」と話す。

 同センターが開設されたのは、市福祉センター(御成町20の21)1階。

 身長・体組成、骨密度、血管年齢・ストレス度、肺年齢などが測定できる機器が設置され無料で使用できるほか、保健師や栄養士が結果に基づく健康づくりのアドバイスを行う。市や県が実施している未病改善や、健康に関する情報コーナーも設けられている。

 利用できるのは、祝日を除く月曜日から金曜日の午前10時から午後3時まで。

 市市民健康課では「健康状態をセルフチェックすることで、健康寿命の延伸につなげてもらえたら。今後はイベント等も開催していきたい」と話す。

県内28カ所目

 「未病」とは心身の状態は健康と病気の間を連続的に変化するものだと捉え、その変化を表す概念。

 高齢化が進むなか、県は「未病の改善」を重点施策「ヘルスケア・ニューフロンティア」の柱の一つと位置付け、健康長寿日本一を目指している。

 「未病センター」もこうした取り組みの一環で、県が独自の認証制度を設けているもの。現在、自治体のほか企業や学校法人が主体となって県内各地で設置が進んでおり、同センターが28カ所目となった。

 1月22日には松尾崇市長や山田直人市議会議長をはじめ、関係者が出席して開所式が行われた。終了後には、参加者らが実際に測定機器を体験。骨密度などを計測した市老人クラブ連合会「みらいふる鎌倉」第3地区地区長の小原英雄さん(75)は「保健師さんのアドバイスが参考になった。自宅からも近く、近所の人たちにも紹介したい」と話していた。

 問い合わせは市市民健康課【電話】0467・61・3943へ。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6

渋滞解消アプリを提案

渋滞解消アプリを提案 社会

樋口さん兄弟が最終審査へ

2月26日号

1週間で10人増

新型コロナ市内陽性者

1週間で10人増 社会

累計582人に

2月26日号

一般会計は前年比29億円減

2021年度当初予算案

一般会計は前年比29億円減 政治

コロナ対策と将来施策を両立

2月19日号

「累計5万件」の安心をお届け

施工件数でわかる”信頼の証” 給湯器節水トイレ

「累計5万件」の安心をお届け 社会

急な故障の前にご相談を

2月19日号

小町大路に立体標示設置へ

小町大路に立体標示設置へ 社会

安心して歩ける道に改善

2月12日号

「村岡新駅」2032年頃開業へ

「村岡新駅」2032年頃開業へ 社会

藤沢─大船間 4者が合意

2月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク