鎌倉版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

鎌倉市 「未病センター」を開設 市福祉センター1階に

社会

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena
骨密度などの測定機器を設置
骨密度などの測定機器を設置

 鎌倉市は1月22日、市福祉センター1階に「未病センターかまくら」を開設した。県が進める「未病の改善」の取り組みの一環で、各種測定機器が無料で使えるほか、保健師など専門家が常駐し健康に関するアドバイスを行う。市では「身体の状態を『見える化』することで、健康づくりにつなげてもらえたら」と話す。

 同センターが開設されたのは、市福祉センター(御成町20の21)1階。

 身長・体組成、骨密度、血管年齢・ストレス度、肺年齢などが測定できる機器が設置され無料で使用できるほか、保健師や栄養士が結果に基づく健康づくりのアドバイスを行う。市や県が実施している未病改善や、健康に関する情報コーナーも設けられている。

 利用できるのは、祝日を除く月曜日から金曜日の午前10時から午後3時まで。

 市市民健康課では「健康状態をセルフチェックすることで、健康寿命の延伸につなげてもらえたら。今後はイベント等も開催していきたい」と話す。

県内28カ所目

 「未病」とは心身の状態は健康と病気の間を連続的に変化するものだと捉え、その変化を表す概念。

 高齢化が進むなか、県は「未病の改善」を重点施策「ヘルスケア・ニューフロンティア」の柱の一つと位置付け、健康長寿日本一を目指している。

 「未病センター」もこうした取り組みの一環で、県が独自の認証制度を設けているもの。現在、自治体のほか企業や学校法人が主体となって県内各地で設置が進んでおり、同センターが28カ所目となった。

 1月22日には松尾崇市長や山田直人市議会議長をはじめ、関係者が出席して開所式が行われた。終了後には、参加者らが実際に測定機器を体験。骨密度などを計測した市老人クラブ連合会「みらいふる鎌倉」第3地区地区長の小原英雄さん(75)は「保健師さんのアドバイスが参考になった。自宅からも近く、近所の人たちにも紹介したい」と話していた。

 問い合わせは市市民健康課【電話】0467・61・3943へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

実現へ国に支援要望

ロードプライシング

実現へ国に支援要望 社会

今年中の導入は困難に

1月24日号

昨年比半減の90人に

待機児童

昨年比半減の90人に 社会

定員190人拡大が奏功

1月24日号

再開館を10月に延期

鎌倉生涯学習センター

再開館を10月に延期 社会

耐震工事に遅れ

1月17日号

2022年「大河」は北条義時

2022年「大河」は北条義時 文化

『真田丸』三谷さん脚本

1月17日号

花火大会が中止に

花火大会が中止に 文化

五輪で警備体制整わず

1月10日号

「広域連携で課題解決へ」

新春市長インタビュー

「広域連携で課題解決へ」 政治

ごみ処理施策など語る

1月10日号

1530人が門出迎える

令和最初の成人のつどい

1530人が門出迎える 文化

1月10日号

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク