鎌倉版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している 谷山 綾子さん 七里ガ浜東在住 35歳

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena

溢れる愛情 肌着に込めて

 ○…2500g以下で産まれた低出生体重児向けの肌着を開発し、自ら立ち上げたネットショップ「BabyStoria(ベビーストリア)」を通じて販売・普及に取り組んでいる。製作したのは、上質なダブルガーゼを使い、市販のベビー服より一回り小さい肌着。体の小さな赤ちゃんを育てている母親の「『もっと可愛く写真を撮ってあげたい』という思いに応えたい」と話す。

 ○…栃木県で生まれ育つ。20歳で長女、25歳で長男を出産。その後「豊かな自然が残る、環境の良い場所でわが子を育てたい」と鎌倉に転居した。転機になったのは6年前、次男・瑞樹くんを出産したことだった。445gの超低出生体重児として産まれ、保育器の中でチューブにつながれたわが子を目の当たりにした。「『ちゃんと産んであげられなかった』と自分を責めた」と当時を振り返る。

 ○…瑞樹くんを育てる上で困ったのは肌着だった。「既製品はサイズが大きく、すぐにはだけてしまう。子どもにぴったりのものを着せてあげたかった」と、出産後2カ月ごろから自ら作り始めた。型紙なども無い中、裁縫が得意な義理の母や友人らの協力も得て、試行錯誤を重ねながら作り上げた。瑞樹くんはその後、すくすくと成長。今月6歳の誕生日を迎えた。「成長はゆっくりだったけれど、無事に育ってくれて嬉しい」

 ○…「私と同じような思いをして、小さな肌着を必要としている人がいるはず」。長年温めた思いを形にしたのは昨年夏。各地の縫製工場をあたり、ようやく商品化が実現して販売にこぎつけた。最初は不安もあったと言うが、口コミで評判が広がり、徐々に注文が舞い込むようになった。利用者からは「こういう肌着があることを、もっと早く知っていれば良かった」との声が届くなど、好評を博している。現在は「さらにたくさんのご両親に、この服のことを伝えたい」と、周知活動に意欲を燃やしている。
 

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 久和さん

鎌倉インテルの総合型地域スポーツクラブの代表を務める

石井 久和さん

大磯町在住 44歳

5月20日号

永井 健一さん

4月から鎌倉芸術館の館長を務める

永井 健一さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

藤原 大さん

5月末までの「江の島国際芸術祭」で総合監督を務める

藤原 大さん

県内在住 56歳

4月29日号

栗山 聖さん

鎌倉インテルの主将を務める

栗山 聖さん

大船在住 24歳

4月22日号

小川 貴司さん

湘南モノレール(株)の社長に就任した

小川 貴司さん

東京都在住 56歳

4月15日号

佐藤 公美さん

地域と連携する「MUJIcomホテルメトロポリタン鎌倉」の店長を務める

佐藤 公美さん

横浜市在住 38歳

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook