鎌倉版 掲載号:2018年2月16日号
  • LINE
  • hatena

腰越まち懇 「道端の神様」に案内板 地域内3カ所に設置

社会

 腰越まちづくり市民懇話会(檜本利夫会長=人物風土記で紹介)はこのほど、道祖神・庚申塔に案内板を設置した。

 1997年に発足し、腰越地域で様々な活性化事業を実施している同会。2013年に同地域を案内するマップを作成した際、道祖神が祀られている場所を紹介したことから、約3年前に調査がスタートした。

 石が風化しほとんど文字が読めないものも多いなど調査は難航したが、文献なども参考にしながら進め、このほど3カ所(諏訪神社裏、湘南信用金庫の奥の三叉路、慰霊塔横)に案内板を設置した。

 檜本会長は「子どもにも読めるようにと難しい漢字にはふりがなをふるなどの工夫も施しました。地域の歴史に興味を持つきっかけになれば」と話していた。

 詳細な説明は同会のホームページ(【URL】http://www.koshigoe-machikon.halfmoon.jp/)にも記載している。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

紙で伝えるプロが企画展

紙で伝えるプロが企画展

21日から銀の鈴社で

12月21日~12月23日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク