鎌倉版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める 檜本 利夫さん 津西在住 73歳

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

「腰越の魅力多くの人に」

 ○……1997年に発足し、神戸川の清掃やフリーマーケットなどのイベント企画を通じた地域おこしに取り組んできた「腰越まちづくり市民懇話会」。その会長を昨年4月から務めている。同会ではこのほど、地域に点在する道祖神・庚申塔に案内板を設置した。会員が3年にわたる調査の末に作り上げたもので「これを生かして地域住民や子どもたちを対象としたツアーなども開催できたら」と意気込む。

 ○…出身は兵庫県。中学を出て香川県の詫間電波高等学校へと進み、卒業後は船舶通信士として海運会社に就職。大型貨物船に乗り込んで、北米や東南アジア、オーストラリアなど世界中を巡った。「同僚も若い連中が多く、空き時間に麻雀をしたりしてね。楽しかった」と振り返る。その一方で「航海中は見渡す限り海ばかりの風景。今のようにインターネットもないから情報もないし、だんだん耐えられなくなって」と5年で内勤へと変わった。

 ○…自然のある場所で子育てがしたい、と社宅があった藤沢から腰越へと移り住んだのは37年前。その後、妻が41歳の若さで他界し、二男一女を男手一本で育てた。朝ご飯と弁当を作ってから都内のオフィスへと出勤する慌ただしい日々を送ったが「大変だったけれど、ほかの父親よりは子どもたちと関わる時間を多く持てたんじゃないかな」と穏やかな微笑みを見せる。

 〇…15年前、知人に誘われて「まち懇」に入会した。「家と会社の往復だけだったのが、一気にまちのことが分かるようになって、生活に幅ができました」という。古くからの漁師町だけに活動を通じて漁師の知り合いも増えた。「最初はちょっと怖い人たちかな、と思っていたけれどみんな気さくないい人ばかり」と笑う。「海もあれば山もある。こんなにいい場所はない」という腰越は、今や「第二の故郷」。現在は町内会の役員も務めるなど、その活性化に力を尽くしている。

鎌倉版の人物風土記最新6

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

春吉 陽子さん

手話通訳士で10月から市長定例会見の同時通訳を担当する

春吉 陽子さん

山崎在住 41歳

11月6日号

荒 省三さん

鎌倉文学館のバラ園の維持管理を16年にわたって担当する

荒 省三さん

長谷在住 81歳

10月30日号

ひぐち かよさん

鎌倉警察署が企画した「詐欺退散」御朱印の絵を描いた

ひぐち かよさん

腰越在住 38歳

10月23日号

木田 浩理(ひろまさ)さん

データの分析・活用と人材育成についての著書を出版した

木田 浩理(ひろまさ)さん

台在住 40歳

10月16日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク