鎌倉版 掲載号:2018年2月16日号
  • LINE
  • はてぶ

鎌倉稲門会 母校の留学生を鎌倉に招待 節分祭などを見学

文化

豆まきに参加したミス鎌倉とカメラに収まる留学生
豆まきに参加したミス鎌倉とカメラに収まる留学生
 鎌倉市内在住の早稲田大学卒業生らで組織する鎌倉稲門会(兵藤芳朗会長)は2月3日、同大の外国人留学生を招き、鎌倉を案内した。

 これは昨年に続いて行われたもの。当日は中国、台湾、韓国、トルコ、モンゴル、オーストラリアなどの留学生13人が鎌倉を訪れ、同会会員の案内で源頼朝の墓や荏柄天神社を巡った。またこの日がちょうど節分だったことから、鎌倉宮では豆まきの様子を観覧した。

 国際政治を勉強中という黄嘉偉さん(22・中国)は「お祭りが地域住民の交流の場にもなっていて、とても興味深い」と話し、温ビチャンさん(23・韓国)は「鎌倉には何度も来ているが、今日来たのは初めての場所ばかり。伝統行事に触れることができ、とてもいい経験になった」と笑顔を見せていた。

 留学生たちはその後、同会の新年会にも参加し、卒業生たちと親睦を深めた。

 同会の高橋健治さんは「鎌倉稲門会だからこそできる取り組みで、鎌倉の歴史や日本の文化を知る機会になればうれしい」と話していた。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生活改善の機会に」

「生活改善の機会に」

薬剤師会が健康フェア

10月28日~10月28日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク