鎌倉版 掲載号:2018年2月16日号
  • LINE
  • hatena

鎌倉ガーディアンズ 熊本市長に約9万円寄付 「被災地忘れない」

社会

義援金を手渡す大津代表(右)
義援金を手渡す大津代表(右)
 防犯・防災ボランティア団体「鎌倉ガーディアンズ」の大津定博代表は2月9日、熊本県熊本市を訪れ、大西一史市長に義援金9万7529円を手渡した。

 これは同団体が昨年11月、鎌倉に大西市長を招いて講演会を開催した際、会場で呼びかけ参加者らから集まったもの。大津代表は改めて講演会の感謝を述べた後、鎌倉での防災に関する取り組みなどを報告した。

 大西市長は同市の姉妹都市となっている福井市での豪雪被害を話題にあげ「あらゆる場所で災害が起こり得る。常に危機意識を持つことが大切」と話した。

 大津代表は「熊本地震から2年近くが経つが、被災地にとって復興は長い年月がかかる課題だと改めて認識した。被害や被災者の想いを風化させてはならない、と決意を新たにした」と今回の訪問を振り返った。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

紙で伝えるプロが企画展

紙で伝えるプロが企画展

21日から銀の鈴社で

12月21日~12月23日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク