鎌倉版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

古都の造形美 写し出す 2つの写真展同時開催

文化

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
原田さんの作品「杉本寺」(右)と林知道さんの作品
原田さんの作品「杉本寺」(右)と林知道さんの作品

 大町在住で「古都グラファー」として知られる写真家の原田寛さんの作品展「KATACHI 古都のかたち 日本のこころ」が2月20日(火)から25日(日)まで、鎌倉生涯学習センター市民ギャラリーで開催される。午前10時から午後5時まで(初日は午後1時から、最終日は午後3時まで)。入場無料。

 鎌倉や京都などにみられる、日本独特の意匠を凝らした造形を収めた作品約40点を展示。原田さんによると古都は「長い年月を越えて伝えられてきた日本の伝統美の宝庫」という。

 また、原田さんが指導する風景写真講座の会員40人が1年間、鎌倉で撮影した写真の作品発表展「鎌倉の四季」も同時開催される。季節の移ろいを写した寺社境内や海、街、花々などの写真80点を楽しめる。

 問い合わせは星月写真企画【電話】0467・23・3694へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉の玄関口きれいに

観光協会

鎌倉の玄関口きれいに 社会

企業などと清掃活動

11月20日号

正月描いた作品展示

正月描いた作品展示 文化

鏑木清方記念美術館

11月20日号

「認知症になっても創作は楽しめる」

「認知症になっても創作は楽しめる」 文化

デイサービス施設が作品展

11月20日号

産前産後の悩み相談会

産前産後の悩み相談会 教育

27日にオンライン開催

11月20日号

「紅葉ゆったり楽しんで」

「紅葉ゆったり楽しんで」 文化

覚園寺で開門時間延長

11月20日号

自然とのふれあい楽しむ

自然とのふれあい楽しむ 教育

キャンプの代替企画

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク