鎌倉版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

鎌倉警察署 地域と連携 詐欺防止へ 18人に県民捜査官を委嘱

社会

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
委嘱式に出席した、だまされた振り作戦の県民捜査官たち
委嘱式に出席した、だまされた振り作戦の県民捜査官たち

 市内での振り込め詐欺対策の一環として、鎌倉警察署は2月23日、「だまされた振り作戦県民捜査官」を市民18人に委嘱した。また、27日には、詐欺被害防止に貢献した市内2カ所の新聞販売店に感謝状を贈呈するなど、警察・地域が一丸となり、詐欺撲滅に取り組んでいる。

 鎌倉署によると、同署管内では主に高齢者を狙った振り込め詐欺が多発しており、昨年の被害認知件数は38件、被害総額は約1億円に上っている。今年は1月末現在、未遂も含め8件で「昨年を上回るペースで被害が拡大している」という。

 そこで今回、鎌倉防犯協会と連携し、犯行グループの摘発を目的とした「だまされた振り作戦」を市内で初めて開始した。これは、市民が自宅で不審な電話を受信した際、だまされた振りをして警察に通報し、現金やキャッシュカードを受け取りに現れた犯人を逮捕しようという取り組み。

 署内で行われた委嘱式では、この日出席した同協会員ら12人が、野崎剛志署長から委嘱状を受け取った。

 野崎署長は「市民と協力しながら、卑劣な犯行を1件でも減らしたい」と意欲を示した。

チラシで防犯啓発も

 また詐欺対策の啓発に貢献したとして、読売新聞の販売店、読売センター鎌倉東部の阿部茂所長、同西部の浦野正崇所長に感謝状が手渡された。両所は今年2回にわたり、啓発広告を新聞に折り込み、配達業務を通じて地域住民への詐欺の手口周知に尽力した。

(左から)阿部所長、野崎署長、浦野所長
(左から)阿部所長、野崎署長、浦野所長

鎌倉版のトップニュース最新6

宝飾美術館計画が頓挫

野村総合研究所跡地

宝飾美術館計画が頓挫 社会

事業者が辞退届提出

3月5日号

震災10年東北思う1日に

震災10年東北思う1日に 社会

7日、オンラインイベント

3月5日号

渋滞解消アプリを提案

渋滞解消アプリを提案 社会

樋口さん兄弟が最終審査へ

2月26日号

1週間で10人増

新型コロナ市内陽性者

1週間で10人増 社会

累計582人に

2月26日号

一般会計は前年比29億円減

2021年度当初予算案

一般会計は前年比29億円減 政治

コロナ対策と将来施策を両立

2月19日号

「累計5万件」の安心をお届け

施工件数でわかる”信頼の証” 給湯器節水トイレ

「累計5万件」の安心をお届け 社会

急な故障の前にご相談を

2月19日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク