鎌倉版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

鎌倉警察署 地域と連携 詐欺防止へ 18人に県民捜査官を委嘱

社会

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
委嘱式に出席した、だまされた振り作戦の県民捜査官たち
委嘱式に出席した、だまされた振り作戦の県民捜査官たち

 市内での振り込め詐欺対策の一環として、鎌倉警察署は2月23日、「だまされた振り作戦県民捜査官」を市民18人に委嘱した。また、27日には、詐欺被害防止に貢献した市内2カ所の新聞販売店に感謝状を贈呈するなど、警察・地域が一丸となり、詐欺撲滅に取り組んでいる。

 鎌倉署によると、同署管内では主に高齢者を狙った振り込め詐欺が多発しており、昨年の被害認知件数は38件、被害総額は約1億円に上っている。今年は1月末現在、未遂も含め8件で「昨年を上回るペースで被害が拡大している」という。

 そこで今回、鎌倉防犯協会と連携し、犯行グループの摘発を目的とした「だまされた振り作戦」を市内で初めて開始した。これは、市民が自宅で不審な電話を受信した際、だまされた振りをして警察に通報し、現金やキャッシュカードを受け取りに現れた犯人を逮捕しようという取り組み。

 署内で行われた委嘱式では、この日出席した同協会員ら12人が、野崎剛志署長から委嘱状を受け取った。

 野崎署長は「市民と協力しながら、卑劣な犯行を1件でも減らしたい」と意欲を示した。

チラシで防犯啓発も

 また詐欺対策の啓発に貢献したとして、読売新聞の販売店、読売センター鎌倉東部の阿部茂所長、同西部の浦野正崇所長に感謝状が手渡された。両所は今年2回にわたり、啓発広告を新聞に折り込み、配達業務を通じて地域住民への詐欺の手口周知に尽力した。

(左から)阿部所長、野崎署長、浦野所長
(左から)阿部所長、野崎署長、浦野所長

鎌倉版のトップニュース最新6

不安のなか手探りの再開

不安のなか手探りの再開 社会

感染対策との両立課題に

5月29日号

PCR集合検査場開設へ

PCR集合検査場開設へ 社会

医師会が運営6月1日から

5月29日号

飲食店支援企画に1303万円

飲食店支援企画に1303万円 経済

目標金額の4倍以上

5月22日号

オンラインHR(ホームルーム)実施へ

鎌倉市教育委員会

オンラインHR(ホームルーム)実施へ 教育

休校中の生活改善目指す

5月22日号

10万円給付、申請開始

鎌倉市

10万円給付、申請開始 社会

5月中旬から順次振込

5月15日号

「鎌倉検定」初の中止

「鎌倉検定」初の中止 文化

コロナ拡大で準備できず

5月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク