鎌倉版 掲載号:2018年5月11日号
  • LINE
  • はてぶ

鎌倉警察署の新署長に就任した 宮村 栄さん 雪ノ下在住 59歳

人と古都守る熱意を胸に

 ○…3月19日付で第81代鎌倉警察署署長に着任した。署長職は田浦署に続いて2度目。現在は署員約160人と一丸となり、住民や多数の観光客の安全・安心のため日々奮闘している。「歴史と伝統の街『古都鎌倉』で勤務できることを光栄に思う。流鏑馬や花火大会など、たくさんの人が集まる行事が多いので、これまでの経験を生かして警備を万全にしていきたい」と意気込みを語る。

 ○…横浜市生まれ。幼いころから母親が防犯活動に取り組んでいたほか、「自宅が警察官立ち寄り所で、治安を守る仕事を身近に感じていた」。大学卒業後、大手自動車メーカーの営業職に就くが「地域全体の役に立ちたい」と、23歳で警察官に転職。多摩、津久井などの警察署を経験し、機動隊として鶴岡八幡宮の初詣警備にも従事した。いまでも忘れられない体験は、沖縄サミットでの大規模警備。「島内に、全国のパトカーが走っていたのがとても印象深い。要人の宿泊施設などでの40日間におよぶ任務が無事に終わったとき、大きな達成感があった」

 ○…読書が趣味で、特に藤沢周平や葉室麟の時代小説がお気に入り。「過去の人々の生き様には、いまに通じる教えがあるからね」。歴史への興味は尽きず、着任後は、週末になると市内の神社仏閣を巡る。「街に古くから宿る物語を知るほど、鎌倉への愛着が深まっていく。この地を守る者の一人として、これからも学び続けたい」

 ○…今後の課題は、特に「振り込め詐欺の抑止」と強調する。管内での発生件数は昨年比で増加傾向にあり、「被害者はお金を失うだけでなく、身内にも責められて、辛い思いをしているのでは」と話す。「困っている人を救いたい」。入職以来続くその熱意が、いまでも職務の原動力だ。

鎌倉版の人物風土記最新6件

仲田 順昌(じゅんしょう)さん

覚園寺の第31代住職に就任した

仲田 順昌(じゅんしょう)さん

10月12日号

大箭(おおや) 晃義さん

写真集『苔に光る 鎌倉の石仏』を出版し、10月20日に講座を開く

大箭(おおや) 晃義さん

10月5日号

津田 康有さん

「オクトーバーフェスト」を主催する鎌倉商工会議所青年部鎌倉ビジョン委員会委員長

津田 康有さん

9月28日号

瀬戸 たまさん

全日本武術太極拳選手権大会で3位入賞を果たした

瀬戸 たまさん

9月21日号

織田 百合子さん

今号で最終回を迎えた本紙連載コラム『鎌倉と源氏物語』の筆者

織田 百合子さん

9月14日号

池照 貫吾さん

今年プロに転向した高校生ウインドサーファー

池照 貫吾さん

9月7日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク