鎌倉版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

学童と放課後教室を一体運営 深沢小で市内初の事業

社会

深沢小西門そばに新設された施設
深沢小西門そばに新設された施設
 学童保育とアフタースクール(放課後子ども教室)を一体的に運営する「放課後かまくらっ子」事業が6月11日(月)、深沢小学校の敷地内で始まる。子どもたちの放課後の居場所を作ることで、増加する学童保育の待機児童解消につなげるのが狙い。市は2020年度までに全ての市立小学校で同事業を始める予定だ。

 事業のため市は、深沢小学校西門近くに2階建ての施設を新設した。

 1階は同校の全児童が利用できるアフタースクールで、土日を除き授業終了時から午後5時まで無料で利用できる(保険料として年間500円が必要)。

 図書室やプレイルームを備えるほか、ボランティアらの協力も得ながら、自然観察や運動会など毎週様々なプログラムを行う予定という。

 2階は同校区在住の児童が対象の学童保育(ふかさわ子どもの家)。平日は授業終了時から6時まで、土曜は午前8時30分から午後5時30分まで利用でき、宿題や自習などで活用できるスペースを用意している。利用料は月額5000円。

待機児童は増加傾向

 共働き世帯が増えるなか、希望があっても子どもを通わせることができない「学童保育の待機児童」も増加傾向にある。

 市によると、市内の学童保育で待機児童が初めて記録されたのは13年度(10人)。今年3月末時点では77人となっている。

 市はこれまでも定員拡充などに取り組んできたが、ニーズに追い付いていないのが現状だ。

 こうしたなか国は、児童の新たな居場所づくりを目指して「放課後子ども総合プラン」の実施を進めており、「放課後かまくらっ子」はこの鎌倉版と言える。

 4月現在、深沢小の学童保育では待機児童はおらず、事業の実施によって学童保育の定員自体は拡大しないものの、市青少年課は「市内の学童保育の利用登録者数約1700人のうち約180人を占めるなど、ニーズの高い地域であるため、最初の開設地として同校を選んだ」とする。

 今後、12月に関谷小、19年度には第一小、御成小など7校、20年度には更に7校で事業を始め、市内全校区での実施を目指すとしている。

鎌倉版のトップニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生活改善の機会に」

「生活改善の機会に」

薬剤師会が健康フェア

10月28日~10月28日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク