鎌倉版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

県民功労者表彰〜受賞者の歩み(下) 高齢者・子ども見守り25年 白井智子さん(74歳・津在住)

社会

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena
生まれも育ちも腰越。子ども好きな白井さんは、腰越行政センターで親子のための「つどいの広場」も仲間と運営。ママ同士で交流できる場で、毎月講座も企画している。
生まれも育ちも腰越。子ども好きな白井さんは、腰越行政センターで親子のための「つどいの広場」も仲間と運営。ママ同士で交流できる場で、毎月講座も企画している。

 公共の福祉に貢献し、その業績が優れた人に贈られる神奈川県県民功労者表彰。今年度受賞した市民2人を2回にわたり紹介する。今回は地域の高齢者と子供の生活相談や見守り、支援サービスへのつなぎ役を担う民生委員・児童委員の白井智子さん。25年にわたる活動が評価された。

 受賞については「ただ長くやってきただけ」と謙遜するが、現在も腰越や津など530軒を担当し、毎日地域を自転車で駆け巡る。

 活動の基本は相手の話を聞き、地域包括支援センターを通じて適切なサービスを紹介すること。「あくまで私たちはつなぎ役。直接何かできるわけではありません。それでも『あなたとの会話が楽しみ』と言ってくれる人もいる。困っている人や自分でSOSが出せない人のお役に立てたら」

 3人の子を育てながらPTAや市子ども会育成連絡協議会会長などを務めてきた白井さん。その縁で制度創設に合わせて協力を依頼されたのが民生委員・児童委員の中でも児童福祉が専門の主任児童委員だった。「中途半端は嫌。やるからにはしっかりやり遂げる」と同委員を10年にわたって務めた。その後も民生委員・児童委員を続け、「定年」まであと1年半。「皆さんを笑顔にできるように、肩の力を抜いて楽しくやっていきます」

家族が支えに

 8人の孫が日々の癒しだ。「上が20歳、下は数カ月前に生まれたばかり。赤ちゃんの世話をしに近くに住む娘のところに行くのが生きがいの1つです」とうれしそうに話す。

 昨年亡くなった夫は活動への理解があり、退職後は台所にも立つなどして支えてくれたという。「夜出かけることもあったけれど、自由にやらせてくれた。夫がいなければ続けてこられなかった。感謝しかないですね」としみじみ語った。

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル

【Web限定記事】鎌倉の企業や求職者のマッチングを支援

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル 社会

企業インタビューも新設

1月22日号

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に

【Web限定記事】

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に 文化

2月14日まで鎌倉国宝館で特別展開催中

1月22日号

ニューイヤー演奏会延期に

「花は咲く」の合唱動画募集

バレエ映画上映・展示

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク