鎌倉版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

今年で返還50周年となる小笠原諸島をテーマにした写真展を開催する写真家 夏野 葉月さん 稲村ガ崎在住 41歳

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena

小笠原諸島の「笑顔」捉える

 ○…「東洋のガラパゴス」とも称され、2011年に世界自然遺産に指定された小笠原諸島。太平洋戦争で米国の統治下に置かれ、1968年6月26日に返還されてから今月で50周年を迎える同諸島をテーマにした写真展を、22日から都内で開催する。「作品を通じ、歴史の節目を迎える小笠原の自然と人々の魅力を伝えたい」と語る。

 ○…島々の美しい自然などに惹かれ、11年から毎年撮影を続けている。海中を泳いで撮ったイルカや、地域の祭り、島内に今も残され、戦中の激戦を物語る旧日本軍の高射砲など、被写体は多岐にわたる。現地の人たちとの交流を深めようと、13年からは自身も島に移住。社会福祉分野の職を得て、1年5カ月の間滞在した。「対話を通じ、戦中、戦後を生きた人をはじめ、島民たちが色々な苦労をしてきたことを知った。それでも笑顔で接してくれる人ばかり。小笠原諸島は心を明るく、前向きにしてくれる」。島民を写した数々の作品には、言葉通り素敵な笑顔が溢れている。

 ○…埼玉県出身。カメラとの出合いは10歳のとき。母親が買ってきた小さなカメラで撮影技術を独学し始め、のちに写真の専門学校にも通って腕を磨いた。特に環境問題に関心を持ち、10代のころにウクライナやロシアに渡り、チェルノブイリ原発事故の被ばく者たちの現状を撮影。その後も国内外で活動の幅を広げてきた。「写真の良さは、言葉の壁を超え、ビジュアルだけで『心を表現できる』ことだと思う」

 ○…「海岸のそばに住みたい」と、16年に鎌倉に転居。現在は、各地でポートレートなどの出張撮影を行う「夏野写真館」を運営している。「今後は、市内で素敵な『鎌倉人』を多数撮影し、鎌倉の魅力を発信するガイドブックとして出版したい」

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク