鎌倉版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

旧川喜多邸別邸できょうから企画展を開催する花結び作家 倉田 生子(いくこ)さん 佐助在住 84歳

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena

紐が結ぶ縁に恵まれて

 ○…1本の組紐を自在に結び編むことで、梅や桜などを表現する「花結び」に魅せられて40年。形作るのは花に限らず、アイデアと技術次第で何でも思いのまま。火の鳥を題材にした作品では、華やかで複雑な羽を表現するのに苦労したという。50mの紐を使った大作でも、図案や作り方は自身の頭の中で思い描く。「何日もかかったけれど、大変なものにトライするのが面白くって」と笑う。

 ○…学生時代は島根県で疎開生活を送った。結婚後、夫の仕事の関係で40年ほど前に鎌倉へ。ある時、訪れた組紐展で見かけた作品に目を奪われた。「大きな蝶々の花結びで、話を聞くと1本の紐でできていると言われ驚きましたね」。今では教室を持ち、花結びや水引といった「結び」文化の研究・振興を行う日本結び文化学会理事として国内外を飛び回る。「活動に没頭できるのも、夫の理解があったからこそ。なかなかできない経験をさせてもらえた」と感謝を口にする。

 ○…「結び」の文化は、原始時代には獲物を縛る、平安時代には貴族の女性の教養として、武士の時代には甲冑や茶入――と時代とともに変化し、派生してきた。「昔から結び目には神が宿るとされていて、おみくじを結ぶ、しめ縄を飾るのもそこに由来するもの。身近なところに『結ぶ』はたくさんある。人との縁も『結ばれる』ものでしょう」。きょうから始まる企画展も「縁が縁を呼んで実現した」とほほ笑む。

 ○…会場で来場者を出迎えるときは、いつも決まって着物姿。着物に組紐作り、花結びのほか、茶道、香道と好きになるものは和のものばかり。「すべてどこかでつながっているんですよ。日常でも。気が付かないだけでね」。活動を通してまた新たな縁が結ばれることを願う。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク