鎌倉版 掲載号:2018年7月6日号
  • LINE
  • hatena

鎌倉三日会の第12代会長に就任した 渋谷 哲男さん 由比ガ浜在住 76歳

市民の声でよりよい街に

 ○…市政の充実と市民生活の向上に寄与することを目的に、市への提言等を行う市民団体「鎌倉三日会」。1951年の発足以来、財政やインフラ、近年は市内病院の救命救急センター指定など、幾多の課題について市へ働きかけてきた。「公民協働を目指したい。関係各所と共に周囲の理解を得ながら必要とされる活動を」と意気込む。

 ○…材木座で生まれ、由比ガ浜に住んで60年以上の根っからの鎌倉人。商社マンとしてメキシコやアメリカに駐在した経験もある。三日会には父の代から所属しており、自身は理事を18年務めてきた古参だ。現在同会では「若い世代が住み易い街づくり」など、4つのテーマを軸に、魅力あるまちづくりに取り組む。「少子高齢化は大きな課題。幼児期からの英語教育や高齢者・弱者の交通問題など、提案したいことはたくさんある」。改善すべきこと、市民が必要とすることは何か、会員と共に思案を重ねる。

 ○…慶應大学在学中にアメリカへ短期留学をし、長距離バスであらゆる都市を見て回った。「独特の文化だけでなく、世界とつながる英語の必要性も肌で感じたね」。定年を迎えた今も、職業体験などができる街を模した子ども向け施設・キッザニアのアドバイザーとして運営に協力。定年退職した仲間と共に施設をパトロールし、「英語だけでやりとりする日を作ってみたら」など、「ここでも提言をしている」と笑う。

 ○…アドバイザーの仕事に、三日会をはじめとした会の活動に、趣味のゴルフに――とスケジュール帳が手放せないほど忙しい毎日。だが、「動き回っている方が自分には合っている。健康維持にも良いですから」ときっぱり。「今一番の目標は、孫娘が20歳になる90歳まで健康でいること」と力強く笑った。

3/31家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6件

木村 由利子さん

鎌倉地区保護司会の会長を務める

木村 由利子さん

3月22日号

柿沼 迪夫(みちお)さん

長谷寺で水彩画展「鳥の目で見る鎌倉の寺社」を開く

柿沼 迪夫(みちお)さん

3月15日号

井上 俊夫さん

(公社)鎌倉市医師会の会長に就任した

井上 俊夫さん

3月8日号

今村 洋平さん

藤沢市アートスペースで3月21日(木)まで開かれている企画展に作品を展示する

今村 洋平さん

3月1日号

荻江 寿愼(じゅしん)さん(本名:竹村  眞さん)

伝統芸能「荻江節」の演奏者で普及活動に努める

荻江 寿愼(じゅしん)さん(本名:竹村 眞さん)

2月22日号

澤田 直人さん

「ジャパンブルワーズカップ」ピルスナー部門で優勝した鎌倉ビールの醸造士

澤田 直人さん

2月15日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鳥の目で見る鎌倉の寺社

鳥の目で見る鎌倉の寺社

長谷寺で水彩画展

3月21日~3月24日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク