鎌倉版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

鎌倉花火大会70回の節目 24日午後7時20分から

社会

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena
約4千発が夜空を彩る(写真は昨年)
約4千発が夜空を彩る(写真は昨年)

 第70回鎌倉花火大会が7月24日(火)、由比ヶ浜海岸と材木座海岸で開催される。当日は名物の水中花火をはじめ約4千発が鎌倉の夜空を華やかに彩る。関係者は「70回にちなんだ趣向もたくさんあるので、ぜひ多くの人に楽しんでもらいたい」と話す。

 鎌倉花火大会は7月24日午後7時20分から8時10分まで開催される(雨天や高波の場合は25日(水)に順延し、25日に実施できない場合は中止)。

 同大会は1948年に始まって以来、天候による中止や東日本大震災の2011年を除いて毎年開催されてきた。

 昨年は鎌倉市が主催、有志の市民による運営となったが、今年は従来通り実行委員会形式によって実施される。

 船上から投げ入れた花火が、次々と花開くように見えるとして人気の水上花火のほか、70回を記念して7号玉と10号玉で構成された大玉70連発、鎌倉のあじさいをイメージした花火など、約4千発が打ち上げられる。

表紙デザイン決定

 会場で配布されるパンフレットの表紙を飾るのは、齋藤誠五郎さん(市立第一中学校3年)の作品。昨年同様、市内在住の小・中学生を対象としたコンテストが行われ、72点の応募のなかから最優秀賞を獲得した。

 7月1日の海開き式に合わせて表彰式が行われ、齋藤さんは「記念の年に自分の絵がパンフレットになり、花火大会に携われることがうれしい。今回は特別な思いで見ることができそうです」とコメントした。

 大会を目前に控え小林利弥実行委員長は「戦後の復興を願って始まった花火大会が70回も続いたのは、先人の努力と市民の皆さんの協力があったから。ぜひ楽しんでもらいたい」と話している。

 詳細は鎌倉市観光協会ホームページ【URL】http://www.kamakura-info.jp/、または同協会内事務局【電話】0467・23・3050で。当日の開催情報は【電話】0180・99・3636(午前10時から午後8時まで)。

「ごみの持ち帰りを」

 大会翌日は市民ボランティアによる清掃活動が行われる。参加自由で、希望者は午前7時に滑川交差点そば、由比ヶ浜海岸石碑前に集合を。

 小林実行委員長は「会場にはごみステーションも設けていますが、十分とは言えません。ごみの持ち帰りにもぜひご協力下さい」と呼びかける。

PRする小林実行委員長
PRする小林実行委員長

鎌倉版のトップニュース最新6

「鎌倉彫製作70年の集大成に」

「鎌倉彫製作70年の集大成に」 文化

小園博さん初の作品集が完成

8月16日号

「鎌倉を古典研究の拠点に」

「鎌倉を古典研究の拠点に」 文化

市が「仙覚文庫」設立へ

8月9日号

「灯かり」で彩る長谷の夜

「灯かり」で彩る長谷の夜 文化

19日からライトアップ

8月9日号

「迷わず山歩き楽しんで」

「迷わず山歩き楽しんで」 文化

市民団体が案内板設置

8月2日号

3件が国登録文化財へ

3件が国登録文化財へ 文化

文化審議会が国に答申

8月2日号

長谷寺でラグビー観戦

長谷寺でラグビー観戦 スポーツ

元日本代表らのトークも

7月26日号

待望のギャラリー開設

福祉作業所道工房

待望のギャラリー開設 文化

若宮大路沿いビル1階に

7月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鎌倉の絵本作家が集合

鎌倉の絵本作家が集合

児童ホームで朗読など

8月21日~8月21日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク