鎌倉版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

オレンジ旗で避難誘導 津波想定し 市が訓練実施

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
小型の避難誘導旗を掲げる監視員
小型の避難誘導旗を掲げる監視員

 鎌倉市は7月21日、市内の3海水浴場と鎌倉海浜公園水泳プールで、津波避難訓練を実施した。

 市職員のほか、各海岸の監視員ら計170人が参加。親子連れなど計約2300人が海水浴などを楽しむ中、津波発生を想定し、実際に海水浴客を砂浜に避難させるなど、誘導の手順を確認した。

 当日は、津波警報サイレンが鳴り響くと同時に、大型のオレンジフラッグのほか、昨年市が約250本作製した小型の避難誘導旗を使用。誘導旗を手にした監視員らが率先避難し、海水浴客がこれを目印に一緒に逃げられるように促した。

 海からの避難を促すオレンジフラッグは、市内のウィンドサーフィン業者などから構成される「鎌倉マリンスポーツ連盟」が考案したもの。東日本大震災が発生した2011年、市と協力し、沖合からでも目立つ色というオレンジ色の旗を作製した。

 また市は昨年、より迅速に安全な場所に誘導できるよう、小型の誘導旗を作製。旗には「避難誘導」と日本語、英語で表記されている。約150本は「災害時に観光客の避難誘導に使用してほしい」と、近隣の商店などに配布した。

 同連盟によると、鎌倉で始まったこうした取り組みは全国に広がりつつある。現在、静岡、宮崎、島根、千葉などの一部の海水浴場でも導入されているという。

鎌倉版のローカルニュース最新6

「鎌倉の桜、末永く大事に」

「鎌倉の桜、末永く大事に」 文化

寄稿 高柳英麿

2月21日号

アマルフィイ ドルチェ桜のスイーツ続々

「コグニサイズ」人気じわり

観音山町内会

「コグニサイズ」人気じわり 社会

鎌倉幸寿苑がレクチャー

2月21日号

砂押川沿いで桜愛でる

砂押川沿いで桜愛でる 文化

3月29日「さくら祭り」

2月21日号

写真、講演、花見で親しむ桜

写真、講演、花見で親しむ桜 文化

かまくら桜の会がイベント企画

2月21日号

桜と史跡を楽しむ

桜と史跡を楽しむ 文化

ガイド協会の散策企画

2月21日号

湘南鎌倉フィルが定演

湘南鎌倉フィルが定演 文化

3月14日、逗子文化プラザ

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

僧侶と歩く十三仏参り

僧侶と歩く十三仏参り

3月末に2日間開催

3月30日~3月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク