鎌倉版 掲載号:2018年7月27日号
  • LINE
  • hatena

オレンジ旗で避難誘導 津波想定し 市が訓練実施

社会

小型の避難誘導旗を掲げる監視員
小型の避難誘導旗を掲げる監視員

 鎌倉市は7月21日、市内の3海水浴場と鎌倉海浜公園水泳プールで、津波避難訓練を実施した。

 市職員のほか、各海岸の監視員ら計170人が参加。親子連れなど計約2300人が海水浴などを楽しむ中、津波発生を想定し、実際に海水浴客を砂浜に避難させるなど、誘導の手順を確認した。

 当日は、津波警報サイレンが鳴り響くと同時に、大型のオレンジフラッグのほか、昨年市が約250本作製した小型の避難誘導旗を使用。誘導旗を手にした監視員らが率先避難し、海水浴客がこれを目印に一緒に逃げられるように促した。

 海からの避難を促すオレンジフラッグは、市内のウィンドサーフィン業者などから構成される「鎌倉マリンスポーツ連盟」が考案したもの。東日本大震災が発生した2011年、市と協力し、沖合からでも目立つ色というオレンジ色の旗を作製した。

 また市は昨年、より迅速に安全な場所に誘導できるよう、小型の誘導旗を作製。旗には「避難誘導」と日本語、英語で表記されている。約150本は「災害時に観光客の避難誘導に使用してほしい」と、近隣の商店などに配布した。

 同連盟によると、鎌倉で始まったこうした取り組みは全国に広がりつつある。現在、静岡、宮崎、島根、千葉などの一部の海水浴場でも導入されているという。

3/31家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鳥の目で見る鎌倉の寺社

鳥の目で見る鎌倉の寺社

長谷寺で水彩画展

3月21日~3月24日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク