鎌倉版 掲載号:2018年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

みらいふる鎌倉 「美しい音色楽しんで」 園児に鈴虫を提供

文化

鈴虫を受け取った子どもたち
鈴虫を受け取った子どもたち
 三世代での交流を深めようと、みらいふる鎌倉(鎌倉市老人クラブ連合会)は8月29日、鎌倉いずみ幼稚園、材木座幼稚園、鎌倉女子大学幼稚部を訪れ、園児に鈴虫を提供した。

 「秋を感じられる美しい音色を楽しんでほしい」と初めて企画。鈴虫の交換会などを実施している千葉県の「なりたすず虫愛好会」の協力を得て実現した。

 この日、鎌倉いずみ幼稚園には、同愛好会が育てた鈴虫のうち120匹を配布。交流会に参加した園児10人ほどが1人10匹ずつ受け取った。子どもたちは「飼うのは初めて。家で可愛がりたい」と話していた。

 みらいふる鎌倉の掛札寛治勢年部長は「子どもに喜んでもらえて嬉しい。生き物を飼育することで、命の大切さを学ぶ機会になれば」と語った。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

金春流宗家が市長を訪問

鎌倉薪能

金春流宗家が市長を訪問

9月21日号

市民の長寿を祝福

鶴岡八幡宮の神宝、一堂に

ドイツの空中鉄道と提携

湘南モノレール

ドイツの空中鉄道と提携

9月21日号

防災学ぶハイキング

顕証寺の講座に156人

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鶴岡八幡宮の神宝、一堂に

鶴岡八幡宮の神宝、一堂に

鎌倉国宝館で特別展

9月7日~10月14日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク