鎌倉版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

角野栄子さんに市民栄誉表彰 鎌倉舞台の作品にも意欲

社会

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena
表彰を受け、喜びを語る角野さん
表彰を受け、喜びを語る角野さん

 「児童文学のノーベル賞」ともいわれる国際アンデルセン賞の作家賞を今年3月に受賞した由比ガ浜在住の児童文学作家・角野栄子さん(83)が10月15日、鎌倉市市民栄誉表彰を受けた。角野さんは「鎌倉という字が付いた賞はうれしい」と喜んだ。

 これは鎌倉市が芸術、スポーツなどの分野で特に優れた業績を挙げた市民を称える制度で、2012年度の創設以来、角野さんで3人目。この日、表彰状を手渡した松尾崇市長が「角野さんが鎌倉市民であることを誇りに思う」と祝福すると「いつか鎌倉が舞台の作品も書きたい」と答えた。

 角野さんは東京都出身。25歳からの2年間をブラジルで過ごし、35歳で『ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて』を出版し作家デビューした。

 1989年に宮崎駿監督により映画化された『魔女の宅急便』など、数多くの作品を発表し続けており、14年には旭日小綬章を受章している。

 鎌倉に居を構えたのは18年ほど前。「海、山、お寺といった素晴らしい景観や何百年もの歴史など、宝物がたくさんある。散歩のできる小道にも恵まれ、顔の知らない人とも気軽に話せる」と街への愛着を語る。

 一昨年からは、鎌倉文学館を会場にほぼ毎月1回のペースで、自身の作品などを朗読する「おはなしの扉」を開催し、親子との交流も続けている。同館では11月4日(日)まで著作など約20点を展示中で、担当者は「表彰をきっかけに、さらに多くの人に作品を読んでもらいたい」と話している。

鎌倉版のトップニュース最新6

ジャベリックスローで全国へ

ジャベリックスローで全国へ スポーツ

陸上・中務史也さん(大船中)

10月15日号

外部と連携し学び深める

外部と連携し学び深める 教育

小坂小・玉縄中で実践中

10月15日号

グラウンド、散策路継続

野村総研跡地

グラウンド、散策路継続 社会

アイネットが市民に説明

10月8日号

本庁舎移転など争点に

市長選

本庁舎移転など争点に 政治

10月17日投開票

10月8日号

立候補予定者が討論

市長選

立候補予定者が討論 政治

青年会議所、6日から配信

10月1日号

清泉音楽部が全国へ

清泉音楽部が全国へ 教育

昨年中止、2年分の思い込め

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook