鎌倉版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

公共施設巡る話題が多数 ニュースで振り返る鎌倉の2018年

社会

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena
【1】「本庁舎移転を問う住民投票の会」が集めた署名を提出【2】決勝戦で敗れ、泣き崩れる鎌倉学園の選手【3】長谷子ども会館の外観【4】由比ガ浜海水浴場に打ち上げられたシロナガスクジラ【5】国際アンデルセン賞と市民栄誉表彰を受けた角野栄子さん
【1】「本庁舎移転を問う住民投票の会」が集めた署名を提出【2】決勝戦で敗れ、泣き崩れる鎌倉学園の選手【3】長谷子ども会館の外観【4】由比ガ浜海水浴場に打ち上げられたシロナガスクジラ【5】国際アンデルセン賞と市民栄誉表彰を受けた角野栄子さん

 市役所本庁舎移転問題をはじめ、(仮称)おなり子どもの家の工事中断や長谷子ども会館の閉館、鎌倉生涯学習センターの閉館など、施設を巡る話題が多かった2018年。鎌倉の1年をニュースで振り返る。

【1月】

 県が進める「未病の改善」の取り組みの一環で、鎌倉市が市福祉センターに「未病センターかまくら」を開設した。

 サッカークラブ「鎌倉インターナショナルFC」が発足。

【2月】

 旅行満足度の向上や動向分析等につなげようと、県と民間企業が3市町で外国人観光客へのスマートフォンの無料貸し出しの実証実験を開始。

【3月】

 由比ガ浜在住の作家・角野栄子さんが「児童文学のノーベル賞」といわれる国際アンデルセン賞の作家賞に選ばれた。

 運動をポイント化し、景品交換もできる「かまくらヘルシーポイント」事業がスタート。

【4月】

 県立フラワーセンター大船植物園が「日比谷花壇大船フラワーセンター」の愛称で再開した。

 耐震性能不足が判明し、鎌倉市長谷子ども会館が閉館した。

【5月】

 10年以上放置されていたJR引き込み線跡地活用へ作業開始。

 ゴールデンウィーク中の2日間を対象に江ノ電鎌倉駅で住民優先入場の社会実験を実施した。

【6月】

 市がSDGs未来都市に選出。

 学童保育とアフタースクールを一体的に運営する市初の「放課後かまくらっ子」事業がスタート。

 障害者の就労等を促進する「市障害者二千人雇用センター」を開設。

 土台の腐朽により(仮称)おなり子どもの家の耐震改修工事が中断。

【7月】

 鎌倉花火大会が70回の節目。

【8月】

 鎌倉学園高校が夏の甲子園出場をかけ、30年ぶりに決勝進出。横浜高校に3対7で敗れる。

 由比ガ浜にシロナガスクジラが漂着。後に国内初の事例と分かった。

【9月】

 台風24号により、国宝・円覚寺舎利殿等が破損し、塩害も発生した。

【10月】

 角野栄子さんに市民栄誉表彰。

【11月】

 鎌倉学園高校陸上部が県高校駅伝で初優勝。

【12月】

 山崎で「湘南鎌倉医療大学」の工事がスタート。

 鎌倉生涯学習センターの耐震強度不足が判明し28日以降の閉館が決定。

本庁舎移転に市民反発

 市が5月に広報かまくらで市役所本庁舎移転の方針を掲載したことに対して、「深沢移転が決定したかのような表現だ」と反発する市民らが団体を発足。市民に移転の是非を問う「住民投票条例」の制定を目指し、9月から1カ月間、署名活動を行った。

 11月には市民8千人超の署名を市に提出。市議会臨時会で審議が行われたが、原案・修正案ともに賛成少数で否決された。
 

1969年竣工の本庁舎
1969年竣工の本庁舎

鎌倉版のトップニュース最新6

旧近代美術館が国重文に

旧近代美術館が国重文に 文化

「モダニズム建築の出発点」

10月23日号

五頭龍の力で詐欺退散

鎌倉警察署・防犯協会

五頭龍の力で詐欺退散 社会

被害ゼロ願い、御朱印製作

10月23日号

5千円電子クーポン配布へ

5千円電子クーポン配布へ 経済

12月15日から利用可能

10月16日号

「困窮者世帯に食料を」

ふらっとカフェ鎌倉

「困窮者世帯に食料を」 社会

「パントリー」実施へ資金募る

10月16日号

免許返納者に助成券交付へ

免許返納者に助成券交付へ 社会

事故防止と外出機会増狙う

10月9日号

空撮映像、観光に活用へ

空撮映像、観光に活用へ 社会

ドローン協会が県と連携

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク