鎌倉版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

いざカマガク、夢の都大路へ 12月23日 「全国高校駅伝」に初出場

スポーツ

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena
全力で走り抜くことを誓うメンバーたち
全力で走り抜くことを誓うメンバーたち

 いよいよ決戦の号砲が鳴る―。11月の県大会で初優勝し、悲願の「都大路」への切符を掴み取った鎌倉学園が12月23日、京都市内で開かれる全国高等学校駅伝競走大会に出場する。同校の保田進監督が駅伝チームを結成してちょうど40年目。保田監督は「本番では気負わずに上位入賞を目指したい」と力強く語る。同校のグラウンドでは、選手たちが明後日に迫った大会に向け、走り込みを続けている。

 「もっと前に行く気持ちを持って」「背中を伸ばして走るんだぞ」。

 大会を目前に控えた鎌倉学園の第2グラウンドでは、調整を続ける選手たちに保田監督の檄が飛んでいた。

 11月4日、山北町丹沢湖周回コースで開催された第71回神奈川県高校駅伝競走大会に出場した同校は、7区間42・195Kmを2時間9分49秒で走り抜き、2位に49秒差を付ける圧巻の初優勝を成し遂げた。

 これまで県大会で準優勝すること13回。夢の「都大路」へあと一歩届かずにいた同校にとって、保田監督が着任し、駅伝チームが誕生してちょうど40年目での悲願達成となった。「今年は個々にポテンシャルの高い選手が揃っている。県大会ではそれをいかんなく発揮してくれた」と保田監督は振り返る。

あのOBも激励

 保田監督によると今月初旬、あるOBから激励のファクスが同校に届き、選手たちを驚かせた。

 送り主は歌手で俳優の堺正章さん。堺さんは鎌倉学園在学中、同部で短距離の部員として活躍した。保田監督は「大きな大会の際には、よくメッセージを送ってもらっている。『がんばってください』と書かれたファクスで、部員たちはとても喜んでいた」という。

 一層士気の高まった選手たち。主将を務める河崎元紀さん(3年)は「チャレンジ精神を持って、一つでも上の順位を目指す。県内の高校陸上競技者の思いを背負って戦いたい」と意気込む。

 スタートは23日、午後0時30分だ。

チーム牽引する2年生児玉さん、力石さんに期待

 11月の県大会では出場した7人のうち、1、2年生が6人を占めた鎌倉学園。彼らの活躍が快挙達成に大きく貢献した。

 12月14日現在、本番の出場選手の選考について保田監督は「調整中」と話すが、全区間中最長(10Km)で各校がエースを送り込んでくる「花の1区」には、10月に5000mで11年ぶりとなる県高校新記録を樹立した児玉真輝さん、1区に次いで長く、上り坂の多い3区(8・1075Km)には、県大会でも力走を見せた力石暁さんといういずれも2年生の起用を決めているという。

 保田監督は「児玉が上手く走ることができれば、後は良い流れができる」と期待を込める。

 本番を前に児玉さんは「チームとしてこれが初の全国大会。失うものは何も無い。気負うことなく、全力を出し切りたい」、力石さんは「県予選でも全国大会でも、自分のやることは変わらない」と気合十分。

 全国に「カマガク」の名を轟かせる―。

60位からのスタートチーム1期生が語る

    トラックを走り込む選手たちを、特別な思いで見つめる人がいる。保田監督が立ち上げた同部駅伝チームの1期生で、3年時には主将も務めた杉田勝敏さん(54)だ。

 「初めての県大会では87チーム中60位。それが鎌学駅伝チームの始まりだった」と振り返る。

 卒業後もほぼ毎年、県大会の沿道に立ち、選手に声援を送り続けてきた。今年はゴール前で勝利の瞬間を見届け「集まったOB仲間とともに、保田監督を胴上げした」という。「保田先生は私たちに駅伝の楽しさを教えてくれた。その先生を全国大会に連れて行き、OB全員の悲願を達成してくれた後輩に感謝したい」。

 京都を駆ける選手の雄姿を見守るため、都大路にも、もちろん応援に行くつもりだ。

 

県大会で先頭を走る児玉さん
県大会で先頭を走る児玉さん
都大路で3区に起用予定の力石さん
都大路で3区に起用予定の力石さん
初めての県大会出場時の写真(後列左が杉田さん)
初めての県大会出場時の写真(後列左が杉田さん)
杉田さん(左)と保田監督
杉田さん(左)と保田監督

鎌倉版のトップニュース最新6

5千円電子クーポン配布へ

5千円電子クーポン配布へ 経済

12月15日から利用可能

10月16日号

「困窮者世帯に食料を」

ふらっとカフェ鎌倉

「困窮者世帯に食料を」 社会

「パントリー」実施へ資金募る

10月16日号

免許返納者に助成券交付へ

免許返納者に助成券交付へ 社会

事故防止と外出機会増狙う

10月9日号

空撮映像、観光に活用へ

空撮映像、観光に活用へ 社会

ドローン協会が県と連携

10月9日号

宿泊施設へ手荷物配送

宿泊施設へ手荷物配送 経済

市観光協会が新サービス

10月2日号

スタンプ集めて地元応援

稲村ガ崎

スタンプ集めて地元応援 コミュニティ社会

24店参加の「ラリー」開催

10月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク