鎌倉版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

国史跡付近で斜面崩落 大町釈迦堂口遺跡

社会

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena
崩落現場の様子(鎌倉市提供)
崩落現場の様子(鎌倉市提供)

 鎌倉市は12月14日、大町6丁目にある大町釈迦堂口遺跡付近の斜面が崩落したと発表した。

 市によると、同日午前9時45分ごろ、市文化財課に近隣住民から「遺跡の方から大きな音が聞こえた。崩落が発生したようだ」との通報があった。市職員が現場に向かったところ、同遺跡の浄明寺側近接地の市道に約50㎥の岩石が落ちているのを確認した。

 17日現在、けが人やその他の被害は発生しておらず、崩落の原因は調査中という。

 市によると、当該地は1977年に崩落が発生して以来、バリケードが張られ通行禁止となっている。また、この近辺では同様の大規模な崩落が2010年、11年にも起きており、今回で4回目。

 同遺跡はやぐらなどの遺構や青磁鉢、壺などの遺物、火葬跡なども発見されており、中世鎌倉における谷戸の開発と、祭祀信仰の歴史を知る上で貴重として、10年に国史跡に指定されている(一般公開はされていない)。

 同課は現在、岩石の撤去などの対応を市道路課と協議しているほか「今後、遺跡そのものの崩落を防ぐための対策工事について、文化庁と協議し、最善の工法を慎重に探っていく。2019年度末には着工できれば」としている。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6

3カ月半の休止越え待望の定演

鎌倉交響楽団

3カ月半の休止越え待望の定演 文化

10月31日、芸術館大ホールで

10月23日号

目標はマスク寄付

目標はマスク寄付 社会

みらいふる鎌倉が講習会

10月23日号

新ピンクリボン号出発

健康チェックしませんか?

写真に感謝の供養祭

写真に感謝の供養祭 文化

11月14日、浄智寺で

10月23日号

早稲田氏が国政報告会

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク