鎌倉版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

源実朝の肖像作品展示 鎌倉国宝館で特別展

文化

甲府市指定文化財の源実朝坐像
甲府市指定文化財の源実朝坐像
 鎌倉幕府の第3代将軍・源実朝(1192〜1219)の没後800年を記念した特別展「源実朝とその時代」が2月3日(日)まで、鎌倉国宝館で開催されている。午前9時から午後4時30分(入館は4時)まで。一般600円、小中学生200円。

 同館によると、1203年に12歳の若さで第3代将軍に就任した実朝は当初、祖父・北条時政や母・北条政子らに補佐・後見されていたが、次第に主体的に幕政に関わるように成長。京都や宋(中国)の文化への憧れも強く、和歌や仏教に高い関心を持っていたという。

 同展では、甲府市指定文化財の源実朝坐像(甲斐善光寺蔵)をはじめ、実朝の信仰に関する資料など約40点を展示する。

 期間中の毎週土曜2時からは、学芸員による列品解説も行う(参加無料)。1月15日(火)、21日(月)、28日(月)は休館。

 問い合わせは、同館【電話】0467・22・0753へ。

源実朝とその時代

2019年1月4日〜2019年2月3日

9:00開始 〜 16:30終了

入館は16時まで

神奈川県鎌倉市鎌倉国宝館

費用:600円
一般600円、小中学生200円

問い合わせ先:鎌倉国宝館

TEL:0467-22-0753

1/26家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

源実朝の肖像作品展示

源実朝の肖像作品展示

鎌倉国宝館で特別展

1月4日~2月3日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク