鎌倉版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

3月24日に開かれた柔道ブレーメンジュニア国際大会男子90kg級で優勝した 長嶋 勇斗さん 今泉出身 18歳

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena

不屈の精神で掴んだ世界

 ○…先月、ドイツ・ブレーメンで行われた国際大会に出場し、90kg級の頂点に立った。鎌倉出身の選手としては初の快挙。「高校最後の大会で結果を残したかった。今まで1位になんてなれなかったから、うれしいというより勝ち切ったという安心感でホッとしている」

 ○…今泉生まれ。6歳の時、家族と焼肉店に行ったところ、たまたま横浜市にある朝飛道場関係者と席が隣合わせに。幼いながら行儀よく食事する姿に「うちにこないか」と誘われたのが柔道との出合いとなった。今泉小、岩瀬中と進んだが、中学までは県大会1回戦負けの無名の選手だった。高校は、東海大学付属甲府高校に進学。技術の高さには定評があったが、1、2年時はインターハイ初戦敗退。悔しさをバネに大型トラックのタイヤをひっくり返す練習や夕食に卵かけご飯を丼3杯食べるなど肉体改造に努め、82kgだった体重を3年には93kgまで増やした。すると持ち前の高い技術に力が加わったことで、才能が開花。インターハイで準優勝、U21の強化選手にも選ばれ、一気にその名を全国に轟かせた。

 ○…得意技は内股。積極的に前に出るスタイルが持ち味だ。「負けてたまるかと強い気持ちを切らさずに柔道に取り組んできたから成長できた」と振り返り、「ここまで続けてこられたのは家族が応援してくれたおかげ」と感謝の言葉を口にする。

 ○…今月、早稲田大学に入学。現在は西東京市にある柔道部寮で暮らす。「自分より強い選手もたくさんいて刺激になる」。週6日、組手以外にも体幹トレーニングなど、日々鍛錬を積む。「目標は五輪優勝。そのためには、高校インターハイ決勝で負けた村尾三四郎選手(東海大)に勝って、A強化選手に選ばれるようこれからも成長していきたい」と世界を見据える。

鎌倉版の人物風土記最新6

渡邊 幸夫さん

神奈川県社会保険労務士会藤沢支部の支部長に就任した

渡邊 幸夫さん

藤沢市在住 57歳

5月24日号

猪俣 秀彦さん

鎌倉警察署の新署長に就任した

猪俣 秀彦さん

雪ノ下在住 56歳

5月17日号

吉田 正道さん

建長寺住職・臨済宗建長寺派管長で4月1日から鎌倉市仏教会会長に就任した

吉田 正道さん

山ノ内在住 79歳

4月26日号

泉 朱輝(しゅき)さん(本名:長島陽子さん)

鎌倉まつりで「静の舞」を踊る

泉 朱輝(しゅき)さん(本名:長島陽子さん)

小町在住 52歳

4月12日号

芥川 忠さん

鎌倉市消防本部の消防長に就任した

芥川 忠さん

藤沢市在住 59歳

4月5日号

御法川 齊(ひとし)さん

2018年度ボランタリー活動奨励賞を受賞したハイキング・クリーン代表

御法川 齊(ひとし)さん

今泉台在住 77歳

3月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク