鎌倉版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

97歳が遺した青春物語 八木和子さんが執筆

文化

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena
自由闊達な語り口でまとめられた1冊
自由闊達な語り口でまとめられた1冊

 市内在住で昨年3月に亡くなった八木和子さんが書いた自身や家族の物語『ある正金銀行員家族の記憶』が(有)港の人から発売された。

 横浜正金銀行の行員だった父らと共に、多感な少女時代をロンドン・上海・カルカッタなどの世界7都市を転々としながら過ごした八木さん。ユーモアあふれる語り口で、両親の生い立ちも踏まえ、大正から終戦までの激動の時代をノンフィクションで記している。

 八木さんは1920年、茨城県水戸生まれ。31歳で結婚し、2008年まで鎌倉の自宅でピアノなどを教えていた。12年に執筆を思い立ち、娘たちの協力を得ながら5年の歳月をかけてこの1冊を完成させたという。

 同書は税別1800円。市内書店などで購入可能。(問)港の人【電話】0467・60・1374

鎌倉版のローカルニュース最新6

累計で127人に

新型コロナ市内感染者

累計で127人に 社会

10月16日号

第一人者語るデータ分析

第一人者語るデータ分析 文化

木田さんが新刊出版

10月16日号

えのすい×ビックリマン

えのすい×ビックリマン 経済

コラボイベント開催中

10月16日号

夜彩る1万の光

夜彩る1万の光 社会

17日から江の島で

10月16日号

旧武基雄邸が「重要建築物」に

旧武基雄邸が「重要建築物」に 文化

戦後モダニズムの理念表す

10月16日号

折り鶴作ってコロナ終息祈願

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク