鎌倉版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

食で広がる多世代交流の輪 ふらっとカフェが活動3年目

社会

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
渡邉代表(前列左)と中谷教授(後列右)、ゼミの学生ら
渡邉代表(前列左)と中谷教授(後列右)、ゼミの学生ら

 「ふらっとカフェ鎌倉」(渡邉公子代表)が活動3年目に入った。「子ども食堂」にヒントを得ながら、老若男女、誰もが気軽に参加でき、交流を図るこの取り組み。食事はもちろん、調理や配膳、片付けも全員で行うのが特徴だ。

 市内8カ所の施設や飲食店を会場に、月に数回開催するほか、思いに賛同した人がノウハウを学び、5カ所で「独立」するなど、活動は広がり続けている。今春には、各団体が情報共有などをする連絡協議会が発足。「一人で食べるとか、お店で買ったものばかりといった“食の貧困”を無くしたい――」。渡邉代表が掲げてきた「小学校区に1カ所」という目標に少しずつ近づいてきた。

栄養士の卵たちが協力鎌倉女子大学とコラボ

 今年度新たに協力することになったのが、鎌倉女子大学だ。

 「食について学ぶ学生がせっかく地元にいるのだから何か一緒にできたら」と渡邉代表から声がかかったのは昨秋のこと。数回の話し合いを経て、6月9日(日)にまちの社員食堂(御成町)で開催される回を皮切りに、4回にわたり協力することが決まった。

 家政学部管理栄養学科の中谷弥栄子教授のゼミでは、授業で学んだ知識を生かし、野菜嫌いの子どもでも食べやすい調理方法や食育クイズなどの企画を提案。くじのように当たりを入れたり、SNSを活用するといったアイデアが次々あがった。

 その中で今回、移動式パン店「鎌倉ベーカリー」の協力を得られることから、「地元食材をパンに練りこんだらどうかな」「動物の形にして子どもたちと一緒に成形しよう」と話が具体化していった。

 実習で50人分の調理をすることもあるという学生たち。渡邉代表は「大人数の調理は主婦でも難しい。きっと実習の経験が生かせるはず」と話す。

 さらに同大の児童学部の梨本加菜教授のゼミ生が、調理中の待ち時間に子どもたちの学習や遊びの相手として協力することになった。

 6月9日の参加は事前予約制。定員になり次第受付終了。詳細は「ふらっとカフェ鎌倉」で検索。

ノウハウ受け継ぎ1周年手広 やんちゃ食堂

 手広東公会堂で昨年4月から月1回開かれている「やんちゃ食堂」。この食堂も「ふらっとカフェ」のノウハウを受け継いだイベントだ。

 主催するのは近隣の主婦ら7人。田中彩代代表は地元子ども会の会長も兼任しており、以前から「手広に子ども食堂を開いてほしい」という住民の声が寄せられていたという。「共働きの親やその子ども、一人暮らしの高齢者が多いこの地で地域交流の場を作りたい」と田中さんもその思いに賛同。昨年「ふらっとカフェ」に参加し、運営を学んだ後に同食堂を開始した。

 5月11日には、子どもから大人まで52人が参加。地元農家や住民から寄付された食材を使い、ワッフルや餃子など参加者全員で完成させ、最後は多世代が交流しながら食事を楽しんだ。小学5年の女子は「みんなで楽しく料理できた」と笑顔。田中代表は「今後も地域の絆が生まれる活動をしていければ」と話した。

 次回は6月9日(日)午後2時〜7時に開催。高校生まで200円、大人400円。問い合わせは田中代表【メール】tebirosyokudo@gmail.comへ。

食品寄付でできる支援フードドライブ受付中

 この活動を支えるのは、実際に運営に携わっているボランティアだけではない。当日参加できない人でも「フードドライブ」という形で気軽に支援ができる。

 フードドライブとは、消費しないまま食品を捨ててしまう「食品ロス」を減らそうという取り組み。鎌倉市では2017年11月から年に数回行っており、昨年度は4回で231kgの食品が寄せられ、ふらっとカフェの活動で活用された。

 今年度も1回目が現在実施中で、鎌倉リサイクル推進会議(笛田リサイクルセンター内)と市ごみ減量対策課で食品を受け付けている。6月7日 までの平日のみで、午前10時から午後4時まで。対象は賞味期限が1カ月以上ある、傷みのないもの。缶詰や根菜類、調味料、飲料、米、乾麺などで、野菜以外は未開封のものに限る。生鮮食品類は受け付けていない。

 問い合わせは同会議【電話】0467・32・9094、または同課【電話】0467・61・3396へ。
 

互いに協力しながらワッフルを作る参加者
互いに協力しながらワッフルを作る参加者

鎌倉版のローカルニュース最新6

3カ月半の休止越え待望の定演

鎌倉交響楽団

3カ月半の休止越え待望の定演 文化

10月31日、芸術館大ホールで

10月23日号

目標はマスク寄付

目標はマスク寄付 社会

みらいふる鎌倉が講習会

10月23日号

新ピンクリボン号出発

健康チェックしませんか?

写真に感謝の供養祭

写真に感謝の供養祭 文化

11月14日、浄智寺で

10月23日号

早稲田氏が国政報告会

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク