鎌倉版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第66回〉 源実朝のお月見クルーズ

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena
由比ガ浜に浮かぶ月光
由比ガ浜に浮かぶ月光

 吾妻鏡の中に、源実朝が船の上から月を眺めたことが記されています。

 五味文彦・本郷和人編の現代語訳吾妻鏡によると、一つは建保2(1214)年2月14日、昼間に杜戸で小笠懸を見て、「(前略)やがて日暮になって、明月の光を待ち、一隻の船で由比浜から帰られたという」とあります。実朝は海から月を眺めながら帰ったわけです。

 もう一つは元久元(1204)年8月、「十五日、乙巳。鶴岡(八幡宮)の放生会が行われた。(中略)夜になって実朝は、月が明るかったので由比浦に出かけられた。一・二艘の船を仕立てて、六・七人の楽人を召した。管弦ではそれぞれ優れた曲を演奏した」とあります。陰暦8月15日は、中秋の名月で、船の上で演奏を聴きながら名月を眺めたということです。

 写真は2011年9月11日の宵に、坂ノ下の海浜公園から由比ガ浜と月を撮影したものです。中秋の名月の前夜ですが、情景は当時とよく似ていると思います。月光が道になり、波に合わせてキラキラと揺らめいています。源実朝の「お月見クルーズ」の様子を想像できますでしょうか。

三品利郎
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク