鎌倉版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

インフル市内で早くも流行 昨年より2カ月早く

社会

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena

 インフルエンザが早くも流行の兆しをみせている。鎌倉保健福祉事務所管内では、流行開始の目安となる定点当たりの報告数1を昨季より2カ月早い10月中旬に観測。また市内の小学校では学級・学年閉鎖が3件報告されている。

 神奈川県感染症情報センターの感染症発生情報によると、鎌倉市・逗子市・葉山町を所管する鎌倉保健所管内では昨季、第50週(12月10〜16日)に初めて、流行開始の目安となる定点当たりの報告数1を超える2・80を観測した。

 今季は第42週(10月14〜20日)ですでに1・20を観測。第43週(10月21

〜27日)には3・30と増加傾向にある。

 また10月15日には大船小学校で、インフルエンザによる学級閉鎖が今季初めて報告され、5年1組を学級閉鎖、1年は学年閉鎖の措置をとった。

 続いて10月28日には第二小学校で、1年を学年閉鎖。さらに11月5日にも3年2組と4年2組を学級閉鎖した。

 昨季初めての学級閉鎖は12月17日に御成小学校で実施され、今季は2カ月早い報告となった。

 市担当者は「例年より早いインフルエンザの流行は全国的な傾向。一部報道ではラグビーW杯などで、訪日外国人が増えたことが原因とも言われているが、はっきりとしたことは分からない。マスクの着用や手洗い、うがい、十分な水分補給をするなど、自己管理を徹底してほしい」と注意を促している。

 市は来年1月31日までに市指定の医療機関で、インフルエンザの予防接種をした65歳以上の人と心臓・腎臓・呼吸器などの障害者手帳1級程度を持つ60歳から64歳までの人を対象に、自己負担1700円で受けられる助成を行っている。

 (問)市保健福祉部市民健康課健康づくり担当【電話】0467・61・3942
 

11/19家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6

「鎌倉大根」の魅力知って

「鎌倉大根」の魅力知って 文化

市民団体がブランド化目指す

12月6日号

可燃ごみ、逗子で処理へ

可燃ごみ、逗子で処理へ 政治

広域化計画素案に明記

12月6日号

台風対応に2.8億円補正

鎌倉市

台風対応に2.8億円補正 社会

倒木処理や崩落防止実施へ

11月29日号

推薦書作成を「休止」

世界遺産登録

推薦書作成を「休止」 政治

新たなコンセプト構築できず

11月29日号

国登録文化財へ

国登録文化財へ 文化

築87年の洋風住宅

11月22日号

車道通行規制日中のみ解除

車道通行規制日中のみ解除 社会

国道134号陥没現場

11月22日号

常設の「冒険遊び場」開設

常設の「冒険遊び場」開設 教育

旧梶原こども会館を利用

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク