鎌倉版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

観光協会 外国人・障害者対応学ぶ 案内所職員らが受講

社会

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
実際の案内を想定し話し合う参加者
実際の案内を想定し話し合う参加者

 鎌倉市観光協会はこのほど、外国人や障害のある観光客への「接遇」を学ぶ講習会を開催した。

 同協会は今年度、観光庁がユニバーサルツーリズムの普及を目的に公募した「バリアフリー旅行相談窓口設置に係る実証事業」の実施事業者に選ばれており、その一環として行われたもの。

 講習は3日間にわたり、同協会の職員や観光案内所のスタッフらが受講。8日午前は、車いすユーザーの宍戸かつ子さんが、障害の特性やそれによる制度や物理的、心理的な「バリア」について解説した。

 また2つのグループに分かれ、車いすの外国人観光客を高徳院大仏殿と銭洗弁財天へとそれぞれ案内するケースを想定して交通手段やコース、トイレの有無などを含めて話し合った。

 同協会の職員は「障害のある人がどこに不自由を感じているのか、改めて知ることができたので、案内に生かしたい」とし、大津定博専務理事は「東京五輪を前に、誰もが鎌倉観光を楽しめる体制づくりを進めていきたい」と話していた。

鎌倉版のローカルニュース最新6

SDGsフォトコンテスト

SDGsフォトコンテスト 文化

30日応募締め切り

10月22日号

俳句・川柳作品を募集

俳句・川柳作品を募集 文化

みらいふる鎌倉広報紙

10月22日号

鎌倉彫・後藤会「温故知新展」

華道、菊花展など「第73回鎌倉市展」

みんなでラグビーしよう

参加募集

みんなでラグビーしよう 社会

11月6日 講演&体験会

10月22日号

和洋コラボの新作舞う

12月2日

和洋コラボの新作舞う 文化

ダンサー・柏木みどりさん

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook