鎌倉版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

鎌倉芸術館で開催される「日本語で歌う『第九』歓喜の歌」を指揮する 飯森 範親さん 56歳

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena

「歓喜の歌」に思い込め

 ○…日本を代表するマエストロが鎌倉芸術館に帰ってくる。来年1月19日に行われる大ホールのリニューアル記念公演に登場。同館では実に26年ぶりに「第九」を指揮する。「ベートーベン生誕250年という節目の年の初めに、地元で演奏できることは本当にうれしい」と笑顔を見せる。

 ○…市内小町で生まれ葉山で育った。指揮者を志したのは10歳の時。「『ボレロ』を聞いて衝撃を受けた。この感動を生み出しているのは誰か、と考えたら指揮者だと。自分も絶対にそういう存在になりたいと思った」と振り返る。現在は山形交響楽団芸術総監督を務めるほか、国内外のオーケストラと共演を重ねる。「つらいと思ったことはない。良い音楽を聴衆に届けたいという思いは全員同じ。その過程でいくらやりあっても、素晴らしい演奏が出来たらみんな満足なんです」

 ○…鎌倉芸術館では、1993年の開館に際して記念式典での「展覧会の絵」やオペラ「静と義経」、そして「第九」を立て続けに指揮した。「駆け出しだったので、大きなチャンスに張り切っていました」。一方で公演当日に祖母が亡くなったことも忘れえぬ記憶だ。「もう話は出来ないかもと言われていたのに、前日にお見舞いに行ったら目を覚まして会話ができた。それが最後になりましたが、いまだに不思議な思いがします」と静かに語る。

 ○…自身の苦しみや社会情勢、死後の世界までも提示しながら、最後は「人類が兄弟になる」と歌いあげる第九。「この曲のメッセージは100年後も人々の心に響き続けるはず。我々が音楽を求めるのは、そこに普遍的な価値、本質があるからだと思う」。時を経て届くベートーベンの思いを、円熟のタクトで表現するつもりだ。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク