鎌倉版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

湘南鎌倉総合病院 「お産が絆を育む」 鎌倉芸術館で講演会

社会

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena
講演する左からドゥ・ヴァールさん、菊水さん、養老さん
講演する左からドゥ・ヴァールさん、菊水さん、養老さん

 湘南鎌倉総合病院お産センターと湘南鎌倉バースクリニックは1月10日、「お産と共感」をテーマにした講演会を鎌倉芸術館で開催した。

 第1部では解剖学者の養老孟司さんが「現代は『意識中心』の社会で、自然を制御しようしてきた。対して出産や子どもは予測や計算ができない、自然そのものの存在なので、少子化や虐待が発生する。現代人はもう一度、自分自身が自然の一部であることを認識すべき」と話した。

 また午後は動物行動学者の菊水健史さん、フランス・ドゥ・ヴァールさんが講演。様々な実験の結果をもとに、人間以外の哺乳類も仲間の痛みを感じ、慰める行動をとる場合があることを解説。ドゥ・ヴァールさんは、ある群れの中心にいた雌のチンパンジーが死の間際、長く群れを観察し顔見知りだった研究者を抱き寄せて頭をなでたりする映像を見せて、「共感は全ての哺乳類が備えている能力」と話した。

 講演会を企画した同院副院長で産婦人科主任部長の井上裕美さんは「私たち産科の現場でも安全、安心を追求するあまり、置き去りにされたことがあるように感じている。人と人との絆のベースである共感がお産という機会に育まれていることを、もう一度考えてもらえたら」と話した。

企画した井上裕美副院長
企画した井上裕美副院長

鎌倉版のローカルニュース最新6

「鎌倉の桜、末永く大事に」

「鎌倉の桜、末永く大事に」 文化

寄稿 高柳英麿

2月21日号

アマルフィイ ドルチェ桜のスイーツ続々

「コグニサイズ」人気じわり

観音山町内会

「コグニサイズ」人気じわり 社会

鎌倉幸寿苑がレクチャー

2月21日号

砂押川沿いで桜愛でる

砂押川沿いで桜愛でる 文化

3月29日「さくら祭り」

2月21日号

写真、講演、花見で親しむ桜

写真、講演、花見で親しむ桜 文化

かまくら桜の会がイベント企画

2月21日号

桜と史跡を楽しむ

桜と史跡を楽しむ 文化

ガイド協会の散策企画

2月21日号

湘南鎌倉フィルが定演

湘南鎌倉フィルが定演 文化

3月14日、逗子文化プラザ

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

僧侶と歩く十三仏参り

僧侶と歩く十三仏参り

3月末に2日間開催

3月30日~3月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク