鎌倉版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

写真集「江ノ電305」を発刊した 野口 雅章さん 極楽寺在住  59歳

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

江ノ電と歩んだ軌跡、一冊に

 ○…現在運行する江ノ電車両の中で、最も古い300形305(355)。木張りの床がレトロな雰囲気を醸し出し、ファンから「サンゴー」の愛称で親しまれている。この車両が「還暦」を迎えることを記念して写真集を出版した。「専門用語はなるべく使わなかった。マニアだけでなくたくさんの人に楽しんでもらいたいから」

 ○…坂ノ下生まれ。幼い頃から江ノ電は身近な存在で「大きな電車が街中を走る姿に興奮した」と振り返る。10歳の時、初めて江ノ電を撮影。茅ヶ崎高校に進学後は写真部に入り、本格的にカメラを学んだ。「60年間改良を重ねながら走り続けてきた305。海や山、花、天候が違うだけで車両の表情も変わる。私と同い年ということもあり愛着がある」と魅力を語る。休日には100枚以上を撮影。「その時、その場所にしかないシャッターチャンスにいつも喜びを感じる」

 ○…読書も好きで「活字の魅力を伝えたい」と専修大学文学部を卒業後、教師の道に進んだ。初めは藤沢工業高校に国語教諭として赴任。「当時”ツッパリ”も多く手を焼いた」。ある日、そうした男子生徒の一人が書いた字を見て「お前の字かわいいな」と何気なくほめたところ、翌日から反抗しなくなくなったという。話を聞くと「『俺ほめられたことなかったから』って」。以降、生徒と接する際は「心の声を丁寧に聞くこと」を心掛けるように。現在は逗子高校の非常勤講師として教鞭を執る。

 ○…部屋の中には鉄道雑誌や模型が所狭しと並ぶ。江ノ電の案内人としてNHKのテレビ番組『ブラタモリ』に出演した過去も。「時代と共に変化する沿線風景。飽きることはない。今後もお気に入りの一枚を撮るためにシャッターを切る」

鎌倉版の人物風土記最新6

荒賀 直子さん

市内山崎に開学する湘南鎌倉医療大学の学長に就任する

荒賀 直子さん

東京都在住 74歳

3月27日号

木村 吉貴さん

休校中の子ども向けに無料の「文章教室」を開催中のコピーライター

木村 吉貴さん

寺分在住 42歳

3月20日号

龍口 健太郎さん

日本で唯一の応援を事業とする会社「(株)令和応援団」を設立した

龍口 健太郎さん

由比ガ浜在住 26歳

3月13日号

江尻 敬さん

湘南日仏協会の会長を務める

江尻 敬さん

稲村ガ崎在住 71歳

3月6日号

長尾 宏道さん

建長寺の宗務総長に就任した

長尾 宏道さん

栃木県出身 63歳

2月28日号

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

52歳

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク