鎌倉版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

写真集「江ノ電305」を発刊した 野口 雅章さん 極楽寺在住  59歳

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

江ノ電と歩んだ軌跡、一冊に

 ○…現在運行する江ノ電車両の中で、最も古い300形305(355)。木張りの床がレトロな雰囲気を醸し出し、ファンから「サンゴー」の愛称で親しまれている。この車両が「還暦」を迎えることを記念して写真集を出版した。「専門用語はなるべく使わなかった。マニアだけでなくたくさんの人に楽しんでもらいたいから」

 ○…坂ノ下生まれ。幼い頃から江ノ電は身近な存在で「大きな電車が街中を走る姿に興奮した」と振り返る。10歳の時、初めて江ノ電を撮影。茅ヶ崎高校に進学後は写真部に入り、本格的にカメラを学んだ。「60年間改良を重ねながら走り続けてきた305。海や山、花、天候が違うだけで車両の表情も変わる。私と同い年ということもあり愛着がある」と魅力を語る。休日には100枚以上を撮影。「その時、その場所にしかないシャッターチャンスにいつも喜びを感じる」

 ○…読書も好きで「活字の魅力を伝えたい」と専修大学文学部を卒業後、教師の道に進んだ。初めは藤沢工業高校に国語教諭として赴任。「当時”ツッパリ”も多く手を焼いた」。ある日、そうした男子生徒の一人が書いた字を見て「お前の字かわいいな」と何気なくほめたところ、翌日から反抗しなくなくなったという。話を聞くと「『俺ほめられたことなかったから』って」。以降、生徒と接する際は「心の声を丁寧に聞くこと」を心掛けるように。現在は逗子高校の非常勤講師として教鞭を執る。

 ○…部屋の中には鉄道雑誌や模型が所狭しと並ぶ。江ノ電の案内人としてNHKのテレビ番組『ブラタモリ』に出演した過去も。「時代と共に変化する沿線風景。飽きることはない。今後もお気に入りの一枚を撮るためにシャッターを切る」

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク