鎌倉版 掲載号:2020年5月8日号 エリアトップへ

市P連 「スマホのルール考えて」 小中学校に冊子配布

教育

掲載号:2020年5月8日号

  • LINE
  • hatena
キャラクターや漫画も入れて低学年でも分かりやすい構成に
キャラクターや漫画も入れて低学年でも分かりやすい構成に

 鎌倉市PTA連絡協議会(市P連、長谷川潤会長)がこのほど、スマートフォンを使う際の「ルールブック」を作成し、市内の小中学校に配布した。家庭へのアンケートに基づいて作成したもので、子どもがスマホと上手に付き合う指針やヒントがちりばめられている。関係者は「各家庭でルールを考えるきっかけになれば」と話している。

 「かまくらでスマホについて考える7か条」と題したこの冊子。作成がスタートしたのは3年ほど前。SNSをきっかけとしたいじめや依存症の報道、ネットを通じて知り合った大人から子どもたちが危害を加えられる事件などが相次いだことがきっかけだった。

 会員のなかで「子どもたちを危険から守るために啓発が必要だ」という声が相次いだことから、保護者のほか教師も加わって特別委員会が発足。昨年7月には家庭に1万枚を超えるアンケートを配布し、6300件の回答を得た。紙面はこうした調査や専門家の意見をもとに、7つのテーマに分類。「小学生は午後9時、中学生は10時まで」など、使用のガイドラインを入れたほか、ページごとに「マイルール」と題して、各家庭での決まり事を記入する場所も設けた。

 また「かまのすけ」というキャラクターを登場させ、各ページに漫画を入れるなど、低学年の子どもでも興味を引くような工夫を施している

 冊子は3月に約1万部が完成。同会に所属する市立小中学校17校を中心に配布した。

 長谷川会長は「新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が増えるとともに、スマホに触れる時間も増えていると思う。スマホは便利だが、危険とも隣り合わせだということを認識して、上手に付き合ってほしい」と話している。

 冊子のデータは「鎌倉市PTA連絡協議会」で検索し、同会のフェイスブックからダウンロードすることも可能。

鎌倉版のトップニュース最新6

釈迦堂口遺跡で崩落対策へ

釈迦堂口遺跡で崩落対策へ 文化

半世紀ぶり通行も検討

5月14日号

自宅療養者を地域で見守り

自宅療養者を地域で見守り 社会

医師会と訪問看護師が連携

5月14日号

最先端IT研究所に

野村総研跡地

最先端IT研究所に 社会

市 事業概要を発表

5月7日号

砂浜へのスロープ完成

由比ヶ浜海岸

砂浜へのスロープ完成 社会

バリアフリー化が前進

5月7日号

新人健闘7氏が議席獲得

鎌倉市議会議員選挙

新人健闘7氏が議席獲得 政治

投票率は48・73%

4月30日号

49カ所が「危険バス停」に

49カ所が「危険バス停」に 社会

国交省が新たに発表

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter