鎌倉版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

国政報告vol.8 介護・福祉従事者の待遇改善でコロナ禍の現場崩壊を防げ 立憲民主党・衆議院議員 早稲田ゆき

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena

 私は5月12日、衆議院本会議場で立憲民主党などが中心となって提出した「障がい福祉関連三法案」の趣旨説明を行いました。

 1本目は、国の負担によりケアマネージャーをはじめ介護・障がい福祉従事者の賃金を月額平均1万円引き上げることを求める法案です。

 介護・福祉の現場ではもともと低賃金と人手不足が慢性化していましたが、そこに今、新型コロナウイルスが追い打ちをかけています。

 食事や入浴の介助など、利用者との接触が避けられず、実際に施設内での感染も発生するなどリスクにさらされるなか、仕事を続けて下さっている皆さんの待遇を一刻も早く改善し、介護・福祉の崩壊を防ぐためにも、法案への賛同を呼びかけました。

 ほかの2本は、障がい者の就労促進のため、重度訪問介護を職場でも使えるようにする法案と、障がい施設の食事加算の廃止を阻止するための法案で、いずれも当事者の願いを形にしました。

ローン返済の猶予を

 また5月13日には、衆院国土交通委員会において、住宅ローンの返済猶予について政府に質問しました。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で仕事を失ったり、給与を大幅に減額される人が増えています。そうした方々にとって住宅ローンが大きな負担になっているにも関わらず、国は積極的な対応を行っていません。

 この日、政府からは「返済猶予については、6カ月の元金猶予や条件変更手数料の無料といった手段があるが、ボーナス支給時のローン返済猶予についても、金融機関などに直接要請して検討していきたい」とする答弁を引き出しました。

検察庁法の成立阻止

 政府・与党は5月18日、検察庁法改正案の今国会での成立を見送る、と発表しました。

 医療崩壊を防ぎながら国民の生活を守り、落ち込んだ経済を立て直す、その難題に与野党が一丸となって取り組むなか、政権に有利な人事が可能になる法案を成立させようとする、安倍政権に国民から明確なノーが突き付けられています。この問題については今後も厳しく追及していきます。

早稲田ゆき

鎌倉市御成町5-41-2F

TEL:0467-24-0573

https://waseda-yuki.jp/index.html

鎌倉版の意見広告・議会報告最新6

介護・福祉従事者の待遇改善でコロナ禍の現場崩壊を防げ

国政報告vol.8

介護・福祉従事者の待遇改善でコロナ禍の現場崩壊を防げ

立憲民主党・衆議院議員 早稲田ゆき

5月22日号

新型コロナ対策に関わる支援策をまとめました

県政報告vol.3

新型コロナ対策に関わる支援策をまとめました

立憲民主党・民権クラブ神奈川県議会議員飯野まさたけ

5月15日号

コロナ感染者第1位の鎌倉市市民のため医療従事者への支援が必要

市政報告vol.2

コロナ感染者第1位の鎌倉市市民のため医療従事者への支援が必要

立憲民主党・鎌倉市政担当 岡田かずのり

4月24日号

新型コロナウイルスによる危機から国民を守ります

国政報告vol.7

新型コロナウイルスによる危機から国民を守ります

立憲民主党・衆議院議員 早稲田ゆき

4月3日号

代表質問 課題を先送りせず、行動を

市政報告

代表質問 課題を先送りせず、行動を

自民党鎌倉市議会議員 志田一宏

3月27日号

県民の安心安全のために【2】

県政報告【5】

県民の安心安全のために【2】

神奈川県議会議員 永田まりな

3月20日号

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク