鎌倉版 掲載号:2020年8月7日号 エリアトップへ

7月10日付で鎌倉税務署長に就任した 西川 真実さん 藤沢市在住 60歳

掲載号:2020年8月7日号

  • LINE
  • hatena

「女性の視点 生かしたい」

 ○…鎌倉税務署の署長にこのほど就任した。同署初となる女性署長ということもあり「女性ならではの視点を生かし、まずは元気な職場を作りたい。円滑な税務行政は地域住民や事業者の理解と信頼関係があってこそ。それがゆくゆくは地域との関係構築に繋がると信じている」と語る。

 ○…山梨県出身。行政職の試験を受け、最初に連絡を受けたのが国税局だったことからこの道を選んだ。その後、調査部で大規模法人調査に携わったほか、租税教室の講師や税務広報を行う税務広報広聴官、苦情や困りごとを聞く納税者支援調整官、カウンセラーなどを歴任。「傾聴力が身につきました」と笑いながら振り返る。キャリアを積み重ねるかたわら、女手ひとつで3人の子どもを育てた。「税務署というと堅いイメージがありますが、女性が働きやすい環境。今は組織に恩返ししたい思いを強く持っています」

 ○…コロナ禍は税務行政にも影響を与えている。職員の在宅勤務を実施するなど手探りの対応が続くが、一番懸念しているのは多くの人が署に集まる確定申告の時期だ。来署者数の抑制を図りつつ、ICT活用による申告・納税手段の定着が喫緊の課題となっている。「スマホでも簡単・正確に申告できる時代。今のうちから準備をしてほしい」と呼び掛ける。

 ○…子どもが小さい頃は、源氏山へハイキングに出かけるなど鎌倉の自然に親しんだ。最近ではヒップホップダンスにのめり込んでいる一面も。「知的障害のある息子の活動を応援していたら、いつの間にか自分がハマってしまって」。忙しい日々の中で、良いリフレッシュになっているようだ。「これまで培ってきた経験を、この地で生かしていきたい」と意気込んだ。

内田健一

うちだけんいち

http://surftown.info/

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

70周年を迎えた鎌倉彫刀華会の会長を務める

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

長谷在住 80歳

4月16日号

菅原 朝美さん

「アルファベットカード」の製作、放課後かまくらっ子への配布を目指す

菅原 朝美さん

藤沢市在住 42歳

4月9日号

河本 蓮大朗さん

古着で織った作品を建長寺などで展示する染織作家

河本 蓮大朗さん

二階堂在住 29歳

4月2日号

高畠(たかはたけ) 薫さん

動画投稿サイトの「寺歌」シリーズが話題の歌手

高畠(たかはたけ) 薫さん

山ノ内在住 41歳

3月26日号

染川 真弓さん

「音楽で世界を旅する」をテーマに、コンサートを開催するピアニスト

染川 真弓さん

常盤在住 51歳

3月12日号

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter