鎌倉版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

NPO法人セイラビリティ江の島の新理事長に就任した 石川 康彦さん 逗子市在住 76歳

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

生きる=セイラビリティ

 ○…1980年代、イギリスで障害者にもセーリングを楽しんでもらおうと始まった「セイラビリティ(誰にでもできるセーリング)」活動。今では障害や年齢、性別などを問わず誰もが一緒に楽しむという理念の下、世界約30カ国で行われている。江の島を拠点にヨットの体験乗船会などを開いている「セイラビリティ江の島」は今年設立16年目。今夏から、新たな理事長を任された。「もう一度『誰もが楽しめる』という基本理念を考え、実践していきたい」と話す。

 ○…大学時代にヨットクラブに入会したことがきっかけで、セーリングにのめり込んだ。社会人になって競技からは離れたが、休日になると友人と海へ。セイラビリティの活動は、定年後、新聞に掲載されたインストラクター募集の広告を見て応募した。同団体の設立者で、日本ヨット界の重鎮でもある松本富士也さんが語った「人のためになるヨットを考えていきたい」という言葉に共感し、ボランティアを続けている。

 ○…「ヨットは、エンジンやモーターは無く、風でしか動かない。操舵には風や海、波を知ることが重要になる。今の機械文明が作りだしたものとは真逆な乗り物」とその魅力を語る。「自然を知らなければ危険にさらされる場合もある。これは、人が生きる上での基本的な知識と結びつく気がする」とも。ヨットもセイラビリティ活動も今では”生きること”の一部に。

 ○…東京都出身。20年前に逗子に移り住んだ。理事長就任で待ち構えているのがコロナへの対応。現在活動は休止中だが、再開へ向けて「どうすれば安全なのかテストをして、方法を考えたい。また、皆さんの笑顔が見れるように頑張りたい」と前を向いた。

内田健一

うちだけんいち

http://surftown.info/

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

70周年を迎えた鎌倉彫刀華会の会長を務める

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

長谷在住 80歳

4月16日号

菅原 朝美さん

「アルファベットカード」の製作、放課後かまくらっ子への配布を目指す

菅原 朝美さん

藤沢市在住 42歳

4月9日号

河本 蓮大朗さん

古着で織った作品を建長寺などで展示する染織作家

河本 蓮大朗さん

二階堂在住 29歳

4月2日号

高畠(たかはたけ) 薫さん

動画投稿サイトの「寺歌」シリーズが話題の歌手

高畠(たかはたけ) 薫さん

山ノ内在住 41歳

3月26日号

染川 真弓さん

「音楽で世界を旅する」をテーマに、コンサートを開催するピアニスト

染川 真弓さん

常盤在住 51歳

3月12日号

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter