鎌倉版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

NPO法人セイラビリティ江の島の新理事長に就任した 石川 康彦さん 逗子市在住 76歳

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

生きる=セイラビリティ

 ○…1980年代、イギリスで障害者にもセーリングを楽しんでもらおうと始まった「セイラビリティ(誰にでもできるセーリング)」活動。今では障害や年齢、性別などを問わず誰もが一緒に楽しむという理念の下、世界約30カ国で行われている。江の島を拠点にヨットの体験乗船会などを開いている「セイラビリティ江の島」は今年設立16年目。今夏から、新たな理事長を任された。「もう一度『誰もが楽しめる』という基本理念を考え、実践していきたい」と話す。

 ○…大学時代にヨットクラブに入会したことがきっかけで、セーリングにのめり込んだ。社会人になって競技からは離れたが、休日になると友人と海へ。セイラビリティの活動は、定年後、新聞に掲載されたインストラクター募集の広告を見て応募した。同団体の設立者で、日本ヨット界の重鎮でもある松本富士也さんが語った「人のためになるヨットを考えていきたい」という言葉に共感し、ボランティアを続けている。

 ○…「ヨットは、エンジンやモーターは無く、風でしか動かない。操舵には風や海、波を知ることが重要になる。今の機械文明が作りだしたものとは真逆な乗り物」とその魅力を語る。「自然を知らなければ危険にさらされる場合もある。これは、人が生きる上での基本的な知識と結びつく気がする」とも。ヨットもセイラビリティ活動も今では”生きること”の一部に。

 ○…東京都出身。20年前に逗子に移り住んだ。理事長就任で待ち構えているのがコロナへの対応。現在活動は休止中だが、再開へ向けて「どうすれば安全なのかテストをして、方法を考えたい。また、皆さんの笑顔が見れるように頑張りたい」と前を向いた。

鎌倉版の人物風土記最新6

ひぐち かよさん

鎌倉警察署が企画した「詐欺退散」御朱印の絵を描いた

ひぐち かよさん

腰越在住 38歳

10月23日号

木田 浩理(ひろまさ)さん

データの分析・活用と人材育成についての著書を出版した

木田 浩理(ひろまさ)さん

台在住 40歳

10月16日号

亀山 和明さん

鎌倉の「海」を描き続ける画家

亀山 和明さん

七里ガ浜在住 59歳

10月9日号

渡邊 令恵(ふみえ)さん

競技かるた「永世クイーン」で鎌倉山かるた会を主宰する

渡邊 令恵(ふみえ)さん

笛田在住 56歳

10月2日号

村岡 俊也さん

『新橋パラダイス 駅前名物ビル残日録』を出版した

村岡 俊也さん

二階堂在住 42歳

9月25日号

藤井 まりさん

精進料理塾「禅味会」を主宰し、国内外でその魅力を伝える

藤井 まりさん

稲村ガ崎在住 73歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク