鎌倉版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第96回〉 鎌倉と御家人〜相馬氏〜

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
扇ガ谷の鎮守「八坂大神」
扇ガ谷の鎮守「八坂大神」

 鎌倉駅西口から市役所方面に真っ直ぐ向かい、交差点を北へ進んだ寿福寺手前に八坂大神という神社がある。八坂大神は鎌倉時代初期の御家人、相馬師常が自邸の守神として勧請したことにはじまる。このことから八坂大神は別名「相馬天王」とも呼ばれている。

 相馬師常は、鎌倉幕府創成期の功臣千葉常胤の次男で、下総国相馬郡の在地領主相馬氏のもとへ養子に入り相馬次郎と呼ばれた。師常は父と共に各地の合戦で活躍し、鎌倉に館を構えた。

 師常は鎌倉で生涯を終え、浄光明寺のある丘陵部側面のやぐらには、墓と伝わる宝篋印塔と五輪塔が収められている(現在は落石の危険により立ち入り禁止。付近に石碑が建てられている)。

 師常の子孫は、やがて所領の一つである陸奥国行方郡(福島県)に下向した。武勇に優れた相馬氏は、周辺の伊達氏・蘆名氏・佐竹氏とわたりあい、江戸時代には中村藩として幕末まで所領を守り通した。相馬氏の武勇は今に伝わる「相馬野馬追」祭りからもうかがい知れる。

 「相馬野馬追」は毎年七月末に出陣式・総大将御迎、神旗争奪戦、野馬懸まで三日間にわたり執り行われる。かつて相馬氏が数多の合戦で活躍した姿を彷彿させる勇壮な祭りである。

 このように鎌倉で活躍した御家人、相馬師常とその子孫は動乱の時代を生き抜き、人々の記憶に今も刻まれ続けている。

浮田定則
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク