鎌倉版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

鎌倉文学館 「コロナニマケズ」秋バラ見頃 イベント中止も201種が開花

文化

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena
開花したバラと長年維持管理をしてきた荒さん
開花したバラと長年維持管理をしてきた荒さん

 鎌倉文学館では、毎年多くの人が美しい姿と香りを楽しみに訪れる秋バラが見頃を迎えている。

 今年はコロナ禍で、秋の文学館フェスティバルは中止となったが、バラ園を散策し、花を鑑賞することはできる。

 バラ園で育てられている201種244株の中には、鎌倉在住の育種家・大月啓仲さんが生み出した「鎌倉」や「流鏑馬」など、鎌倉生まれのバラも多数ある。16年にわたり、維持管理を担当する荒省三さん=人物風土記で紹介=は「今年は来館者数は少ないが、『きれい』という声が励み。春は見てもらえなかったので、秋バラを一目見に来てほしい」とほほ笑む。見頃は11月中旬まで。

苗木の販売も

 同館では、黄色の花を咲かせ、とげがない「鎌倉」の苗木を1株1600円(税込)で販売中。数量限定。購入には入館料(一般500円、65歳以上の鎌倉市民等は無料)が必要。希望者は建物裏手の事務所へ。

 11月は16日(月)のみ休館。開館時間は午前9時から午後4時30分まで。(問)同館【電話】0467・23・3911

販売中の「鎌倉」
販売中の「鎌倉」

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉の玄関口きれいに

観光協会

鎌倉の玄関口きれいに 社会

企業などと清掃活動

11月20日号

正月描いた作品展示

正月描いた作品展示 文化

鏑木清方記念美術館

11月20日号

「認知症になっても創作は楽しめる」

「認知症になっても創作は楽しめる」 文化

デイサービス施設が作品展

11月20日号

産前産後の悩み相談会

産前産後の悩み相談会 教育

27日にオンライン開催

11月20日号

「紅葉ゆったり楽しんで」

「紅葉ゆったり楽しんで」 文化

覚園寺で開門時間延長

11月20日号

自然とのふれあい楽しむ

自然とのふれあい楽しむ 教育

キャンプの代替企画

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク