鎌倉版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

鎌倉市 「教育現場に外部の力を」 連携へ資金募集開始

教育

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
鎌倉スクールコラボファンドのイメージ
鎌倉スクールコラボファンドのイメージ

 鎌倉市は、市立小中学校が外部の企業等と連携し、時代に合った社会課題解決型の教育を展開するため、12月18日からふるさと納税を活用した資金調達のためのガバメントクラウドファンディング(GCF)を開始した。

 鎌倉市教育委員会によれば、これからの学校教育では実際の社会課題について解決策等を考え、行動するといったプロジェクト型学習や思考力を育てるプログラミング学習などが必要とされている。

 だが一方で、学校内の資源や教員、児童生徒の力だけでは実現が難しく、教育ベンチャー企業や大学、NPO等といった外部の協力を得るための資金については国や県からの支援等はないのが現状という。

 先駆けて外部連携をしている一部自治体や市立学校もあるが、連携先の研究を兼ねた無償協力の場合が多く、規模拡大や継続的な活動に課題があるという。

 岩岡寛人教育長は「現在すでに独自の活動に挑戦している学校もあるが、外部の協力が得られればできることも増える。子どもたちだけでなく教員も『ワクワクする学校』を生み出したい」と話す。

「全国のモデルに」

 そこで今回市が挑戦するのが、所得税・住民税の還付・控除が受けられる、ふるさと納税を活用したGCFだ。3月17日(水)までの90日間で750万円を目標に寄付を募っている。「国の制度がまだない中での挑戦。このGCFが成功すれば、全国のモデルとなり、他の市町村にも勇気を与えられるのでは」と岩岡教育長。

 市では、4月からの活用を目指しており、集まった金額と連携先にもよるが、5、6件ほどの外部連携実現を目指すという。

 返礼品はなし。達成の可否に関係なく、集まった寄付金はすべて市が設立する基金「鎌倉スクールコラボファンド」に寄付される。

 寄付はふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」のGCFのプロジェクト専用ページから。現金の場合は、市ふるさと寄附金担当【電話】0467・61・3845へ連絡を。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6

渋滞解消アプリを提案

渋滞解消アプリを提案 社会

樋口さん兄弟が最終審査へ

2月26日号

1週間で10人増

新型コロナ市内陽性者

1週間で10人増 社会

累計582人に

2月26日号

一般会計は前年比29億円減

2021年度当初予算案

一般会計は前年比29億円減 政治

コロナ対策と将来施策を両立

2月19日号

前年比8人減の82人に

待機児童

前年比8人減の82人に 社会

定員拡大で新たな需要も

2月19日号

小町大路に立体標示設置へ

小町大路に立体標示設置へ 社会

安心して歩ける道に改善

2月12日号

「村岡新駅」2032年頃開業へ

「村岡新駅」2032年頃開業へ 社会

藤沢─大船間 4者が合意

2月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク