鎌倉版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

「音楽で世界を旅する」をテーマに、コンサートを開催するピアニスト 染川 真弓さん 常盤在住 51歳

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena

「響き合う音と心届けたい」

 ○…「ピアノと歌で世界を旅する」をテーマにしたコンサートシリーズを、声楽家の橘田有美さんと企画。第1回は4月4日(日)、茅ヶ崎駅前のホールで開催される。ネット配信も行う予定で「日本、ドイツ、フランスの歌曲を演奏します。いまは海外に行けないので、音楽で旅の気分を味わってもらえたら」。

 ○…横浜市出身。幼い頃からピアノを始めたが「あくまで習い事の一つという感覚だった」。だがピアノを弾くことは楽しく、すぐに「生活の一部」になった。音大に進み、結婚後も演奏活動を続けてきたが、35歳の時「これが自分の演奏だ、と言えるものがないことに気づいて、初めて辞めようと思った」。しかし「辞める前に本場の音楽に触れたい」とウィーンで1カ月にわたって開かれるセミナーに参加したことが転機となる。そこで講師陣から繰り返し問いかけられたのは「あなたはこの曲をどう表現したいか」ということ。「それまではミスばかり気にしていた。目から鱗が落ちた感覚だった」と以後、10年間、毎年セミナーに参加した。

 ○…最近では海外の演奏家とも共演を重ねているほか、「培ってきたものを鎌倉に還元したい」と、地元でも積極的に演奏会やコンサートを企画。「コロナが落ち着いたら、音楽とともに作曲家やその国の文化・芸術、料理なども楽しめるようなコンサートが出来たら」と、様々なアイデアを温めている。

 ○…演奏活動のかたわらピアノ教室を主宰。「プロになった子はいないけれど、ピアノを嫌いになって辞めた子はいない」と笑う。「時々『ピアノがあったことで救われた』『先生の一言で自信が持てた』と言ってくれる生徒がいる。そんな時は音楽をやっていて良かった、と思いますね」

鎌倉版の人物風土記最新6

中村 恒克(つねよし)さん

長谷寺の「絆観音菩薩像」を制作した彫刻家

中村 恒克(つねよし)さん

横浜市在住 35歳

4月30日号

山本 勉さん

鎌倉国宝館の館長に就任した

山本 勉さん

海老名市在住 67歳

4月23日号

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

70周年を迎えた鎌倉彫刀華会の会長を務める

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

長谷在住 80歳

4月16日号

菅原 朝美さん

「アルファベットカード」の製作、放課後かまくらっ子への配布を目指す

菅原 朝美さん

藤沢市在住 42歳

4月9日号

河本 蓮大朗さん

古着で織った作品を建長寺などで展示する染織作家

河本 蓮大朗さん

二階堂在住 29歳

4月2日号

高畠(たかはたけ) 薫さん

動画投稿サイトの「寺歌」シリーズが話題の歌手

高畠(たかはたけ) 薫さん

山ノ内在住 41歳

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter