鎌倉版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

70周年を迎えた鎌倉彫刀華会の会長を務める 和田 冨岳さん(本名:和田冨士子) 長谷在住 80歳

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena

鎌倉彫と生きた半世紀

 ○…創立70周年の節目を迎えた鎌倉彫刀華会の3代目会長として、初心者から専任教授と呼ばれる講師まで、約250人の会員をとりまとめる。現在、鎌倉芸術館で開催中の記念展では、技術とこだわりの詰まった300点近い作品が並ぶ。「刀華会は後藤流、三橋流の技法を学んだ後に、自分なりの工夫を凝らした我流で創作できる自由度の高い会です。同じ木地でも、伝統的な柄や近代的なデザインなど、それぞれの個性が出るのが面白いですね」

 ○…茅ヶ崎市出身。刺繍や編み物など、細かな作業と物づくりが好きで、高校卒業後は洋裁の学校へ進学。結婚を機に長谷に移り住んだ。鎌倉彫との出合いは30歳の時。刀華会の初代会長だった義姉に勧められ、やってみたところ「その面白さにどっぷりはまった」。技術を真剣に学ぶため、ほかの趣味はやめ、鎌倉彫に専念。「彫刻刀の研ぎ方、直線の彫り方から始め、彫りや塗りの技術を一通り習得するのに10年はかかった。本当に奥が深いです」

 ○…椀や皿といった身近な実用品だけでなく、硯箱など、いわゆる「伝統工芸品」作りにも挑戦してきた。「1996年に初めて伝統工芸新作展で入選した時は、本当にうれしくて」。気が付けば学び始めて半世紀。それでも「まだまだ『終わり』はない。今なお飽きることのない魅力がある」と目を輝かせる。

 ○…「服や宝石よりも漆や木地がほしいと思うくらい鎌倉彫が好き。理解ある家族、親しく時には手本となる仲間にも恵まれた」とほほ笑む。会長になっても間もなく20年になる。「忙しいけれど、それが元気の秘訣なのかもしれない。家族にも鎌倉彫のおかげだろうねと言われます。本当に幸せな人生を送れたとつくづく思いますね」

鎌倉版の人物風土記最新6

崎山(さきやま) 直夫(ただお)さん

4月1日付で新江ノ島水族館の館長に就任した

崎山(さきやま) 直夫(ただお)さん

藤沢市在住 52歳

5月14日号

堀 明子(めいこ)さん

5月15日から伊豆の国アートビレッジで「水彩画展」を開催する

堀 明子(めいこ)さん

梶原在住 57歳

5月7日号

中村 恒克(つねよし)さん

長谷寺の「絆観音菩薩像」を制作した彫刻家

中村 恒克(つねよし)さん

横浜市在住 35歳

4月30日号

山本 勉さん

鎌倉国宝館の館長に就任した

山本 勉さん

海老名市在住 67歳

4月23日号

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

70周年を迎えた鎌倉彫刀華会の会長を務める

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

長谷在住 80歳

4月16日号

菅原 朝美さん

「アルファベットカード」の製作、放課後かまくらっ子への配布を目指す

菅原 朝美さん

藤沢市在住 42歳

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter