鎌倉版 掲載号:2021年6月4日号 エリアトップへ

新型コロナワクチン 80歳以上を優先予約 対象者にハガキを郵送

社会

掲載号:2021年6月4日号

  • LINE
  • hatena

 65歳以上の高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった鎌倉市。5月30日までの2週間で約1万6千人が1回目を終えた。一方、5月17日に行われた第2回目の予約の際に、開始時間などを巡って混乱が生じたことを受け市は、80歳以上の市民で予約が取れていない人の予約を優先的に受け付けることを決めた。

 5月16日から始まったワクチン接種は、30日までの2週間で約1万6000人が1回目を完了した。市は7月下旬までに、65歳以上の高齢者(希望者は約4万5000人と想定)が2回の接種を終えることを目指している。

 一方、5月17日に行われた第2回の予約では、開始時間が分かりづらかったことにより、市に問い合わせの連絡が殺到する事態となった。

 特に80歳以上の人のうち、約8000人の予約が完了していないことから、6月17日(木)から始まる第3回の予約の前に、これらの人の予約を優先的に受け付けることを決めた。

 5月26日から対象の人にハガキの郵送を開始。「パソコンやスマートフォンの扱いに慣れていない人が多い」と判断し、新たに設けた予約専用の電話番号を記載しているという。

 ただ、対象となる人に一斉にハガキを郵送すると、再び電話が集中することも考えられるため「より年齢の高い人から順次送っている」として「まだ手元にハガキが届いていない人も近日中には届くので待っていてほしい」とする。

 また「詳細は未定」とするが、今後はパソコン等の扱いに不慣れな人を対象に、予約をサポートすることなども検討しているという。

 市では「6月17日からの予約では、希望する人全てが接種を受けられる十分な数のワクチンが供給される予定だが、特に80歳以上の人は不安が大きいと考えた」とした。

キャンセル枠LINEで通知

 神奈川県は、スマートフォンアプリLINEを使った「新型コロナウイルスワクチンキャンセル枠有効活用システム」を導入すると発表した。

 集団接種の会場や医療機関で、当日の急なキャンセルなどによってワクチンの余剰が発生した場合に、事前に登録していた人に通知するもの。

 対象となるのは、ワクチンを未接種でキャンセル待ちを希望する人。県のLINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート」などを通じて事前登録を行っておくと、接種機関で余剰枠が生じた際に通知が届き、先着順で予約を受け付ける。

 登録受付は6月7日(月)から。ただ、当初は地域を限定して試行的に実施するとしており、鎌倉市内の接種会場が対象となるかは、現時点では未定という。詳細は県健康医療局ワクチン接種担当【電話】045・285・0717へ。(6月2日起稿)
 

鎌倉版のトップニュース最新6

インクルーシブな公園に

インクルーシブな公園に 文化

玉縄で第1号、他も整備へ

5月20日号

魅力満載「鎌倉かるた」

清泉小

魅力満載「鎌倉かるた」 教育

歴史文化交流館で展示中

5月20日号

瀬戸たまさんが日本一

瀬戸たまさんが日本一 スポーツ

太極拳ジュニア大会で

5月13日号

文学館、来年4月から休館

文学館、来年4月から休館 政治

大規模改修で2年間

5月13日号

瑞泉寺住職が短歌「迢空賞」

瑞泉寺住職が短歌「迢空賞」 文化

過去に俵万智さんら受賞

5月6日号

3年ぶりに通常開催

大船まつり

3年ぶりに通常開催 文化

名物の「仮装」はなし

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook