鎌倉版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

将棋で全国へ駒進める 田村和さん、中澤秀佳さん

文化

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena

 和歌山県で7月31日、8月1日に開催される「全国高等学校将棋選手権大会」に、大船高校2年の田村和さん、清泉女学院高校1年の中澤秀佳さんがそれぞれ男子個人戦、女子個人戦の神奈川県代表として出場する。田村さんは「いかに強い相手といい勝負ができるか楽しみ」、中沢さんは「よく知るライバルも多い。目指すは優勝」と意気込む。

大船高・田村さん

 田村さんは、5月の県予選で個人戦男子A級に出場。男子の部は、強さによってA〜C級に分かれており、全国大会に出場できるのはA級のトップ2人のみ。初出場ながらも2位となり、全国大会への切符を手にした。

 将棋との出合いは、5歳の時。クライミング好きの家族に連れられ、よく山やジムへ足を運んだが、気が乗らず、何気なく手にとったのがジムの休憩スペースにあった将棋セットだったという。

 すぐに夢中になり、向かったのは、子どもも多く集う将棋会館(東京都・千駄ヶ谷)。しかし、「数カ月立ち直れなかったほどボロボロに負けた」ことで、強くなりたい思いが強まった。

 力をつけるため、強い相手を求めて同会館や各地の将棋センターなどに通い、今では5段に。しかし、全国大会にはさらに強い人が多く集まる。「全国では結果よりも自分がいかにいい勝負ができるか。いい勝負ができれば負けても楽しい」。得意の「振り飛車」で全国の舞台に臨む。

清泉高・中澤さん

 中学時代に全国大会に2度出場し、3位となった実績がある中澤さんは、5月の県予選の女子個人戦で、唯一の1年生ながら順当に勝ち進み、優勝した。

 小学3年生の頃、けが続きで習っていたピアノをやめ、ふと手にしたのが『将棋のひみつ』という学習漫画と入門書。地元・横須賀の将棋教室などに通い始め、「最善の手を探しながら戦うこと」「大人にも勝てる面白さ」にのめり込んだ。

 現在は4段。休日は、東京都の蒲田にある将棋クラブへ行き、5〜6時間対局することもしばしば。家でもプロ棋士の対局を再現したり、詰め将棋を解いたりと練習を欠かさない。

 得意の戦法は「先手なら攻める三間飛車。後手なら相手の攻めを待ち、四間飛車」。競技人口の少ない女子の部は、よく知るライバルも多い。出場者には上級生が多いが、中学時代に上位に進んだ経験もある。目指すのは「優勝」だ。

大船高2年の田村さん
大船高2年の田村さん
清泉女学院高1年の中澤さん
清泉女学院高1年の中澤さん

鎌倉版のトップニュース最新6

絵だけで楽しむ鎌倉絵本

絵だけで楽しむ鎌倉絵本 教育

市民が企画・制作

8月12日号

「私が市長になったら」

「私が市長になったら」 教育

小学生が一日体験

8月12日号

あの公園の名は?

あの公園の名は? 社会

市内170カ所が生物名

8月5日号

「校舎はUD化しますか」

「校舎はUD化しますか」 教育

小中学生が市政質す

8月5日号

大倉幕府跡で発掘見学

大倉幕府跡で発掘見学 文化

大河も追い風、250人来場

7月29日号

コロナに負けず市民活動

コロナに負けず市民活動 社会

若者の地域参加拡大

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook