鎌倉版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

鎌倉彫白日会の会長 柏木 豊司さん 66歳

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena

湧き出る創作意欲

 ○…コロナ禍で2度にわたり延期となった「鎌倉彫白日会60年のあゆみ展」。3度目の正直で展覧会が始まり、「やっと区切りがつけられた」と安堵の表情を浮かべる。鎌倉の伝統工芸を広く伝えるべく、慌ただしく動き続けている。

 ○…鎌倉彫を手がける白日堂(長谷)の創業者・伊志良不説氏が初代会長を務めた白日会。同会は、鎌倉彫教授会という団体の中に20弱ある会派のうちのひとつだ。自身も白日堂で職人として働いていたことから、2017年に白日会の3代目会長に就いた。趣味として鎌倉彫を嗜む会員たちに、「先生」としても接している。「私が先輩たちから学んできたことをすべて教えます。教えたことが1つでも次代に残ればいい」

 ○…横浜で育ち、図工や理科、美術、体育が好きな少年だった。高校卒業後は、新たに開校した鎌倉彫職業高等訓練校の1期生として入学。2年間学び、主に「彫り」の職人として白日堂で働き始めた。1988年に独立し、現在も暮らす逗子の自宅に工房を構えた。66歳になった今もなお現役で商品を作り続ける。伝統工芸に魅せられた職人の工房で流れるメロディーは、意外にもロック。「アメリカやイギリスの音楽が昔から好きで」。お気に入りのロックバンドは『ダイアー・ストレイツ』だという。

 ○…職人歴47年のベテランに、ここ数年でうれしいことがあった。鎌倉彫の普及の一環で始めた教室で、小学生や中学生を教える機会が増えた。「子どもたちが興味を持ってくれるのはうれしいよね。作品が完成して喜んでいる姿がかわいくて」と表情がやわらぐ。「彫り」と「塗り」によって、1点1点が異なる表情を見せる鎌倉彫。まだ見ぬ新作へ、職人の手は止まらない。

鎌倉版の人物風土記最新6

太田 彌生さん

12月からバッハについての講座を開く作曲家・ピアニスト

太田 彌生さん

61歳

12月3日号

兵藤 芳朗さん

創立70周年を迎えた鎌倉稲門会の会長

兵藤 芳朗さん

高野在住 72歳

11月19日号

山口 智さん

Jリーグ・湘南ベルマーレ(鎌倉もホームタウン)の新監督

山口 智さん

43歳

11月12日号

小島 政行さん

かまくら市民活動フェスティバルの 実行委員長を務める

小島 政行さん

藤沢市在住 72歳

11月5日号

高橋 智史さん

世界最大規模の2つの国際写真賞で入賞したフォトジャーナリスト

高橋 智史さん

浄明寺在住 40歳

10月29日号

原口 翔太郎さん

ビーチサッカーW杯ロシア2021大会で準優勝した

原口 翔太郎さん

山崎在住 34歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook