鎌倉版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

いま読みたい鎌倉本

文化

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena

『鎌倉カルテット四重奏』栂野 陽 著4つの時代の物語

 4つの異なる時代の鎌倉を舞台にした、栂野(とがの)陽さん(73歳・大町在住)の初の小説集。

 1作目は、鎌倉時代を舞台に時宗の始祖・一遍が広めた「踊念仏」が題材。2作目は江戸時代の「偏界一覧の雪」では観光地・鎌倉での案内人の物語。地域新聞の記者を主人公に大正時代を描く「廃都地霊彷徨」、戦中戦後の海軍軍人宅のバラにまつわる物語を描いた「忘れられた庭の薔薇達」と続く。

 幼い頃から鎌倉に足しげく通い、20年前に鎌倉へ転居してきた著者の鎌倉愛あふれる1冊。鎌倉の地名やゆかりの人物、歴史的・文化的背景も含めて楽しめる。「4つの物語がどう展開していくか、先の読めない楽しさを感じてもらえたら」と栂野さん。

 港の人刊、381頁、1980円。購入は島森書店やウェブサイトなどで。市内の各図書館にも寄贈されている。

『原智恵子』寺崎 太二郎 著ピアニストの生涯たどる

 ヨーロッパを中心に活躍したピアニスト原智恵子(1914―2001)の生涯をつづった1冊。

 幼い頃にピアノの才能を見初められ、鎌倉ゆかりの画家で小説家の有島生馬とその娘と共に、わずか13歳で渡欧。ショパン国際ピアノコンクールの日本人初出場者で、実力がありながらも国内での知名度は高くなかった「孤高のピアニスト」。

 著者の寺崎太二郎さんは、5年前に玉川大学で開かれた原智恵子と夫のガスパール・カサドの特別展を機に関心を持ったという。膨大な文献や資料を博捜、精査し、まとめあげた労作。フランス音楽受容の流れや音楽評論界の動きなどとも絡めてつづっている。「読み手によりさまざまな智恵子像が浮かび上がるのでは」と寺崎さん。

 冬花社刊、660頁、3850円。購入は島森書店やたらば書房のほか、ウェブサイト、書店注文も可。

鎌倉版のローカルニュース最新6

秋の日帰り旅行

秋の日帰り旅行 社会

10月に茨城・埼玉方面へ

11月26日号

教養講座に243人参加

教養講座に243人参加 社会

テーマは大河ドラマなど

11月26日号

38日連続ゼロ

新型コロナ市内陽性判明者

38日連続ゼロ 社会

11月26日号

フレイル予防講演会を開催「老人クラブ活動は有効な対策」

フレイル予防講演会を開催「老人クラブ活動は有効な対策」 社会

東京都健康長寿医療センター・金憲経氏が登壇

11月26日号

フレイル予防、地区でも

フレイル予防、地区でも 社会

第1回を腰越で開催

11月26日号

深沢地区で教養講座

深沢地区で教養講座 文化

頼朝支えた比企一族

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook