鎌倉版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

かまくら市民活動フェスティバルの 実行委員長を務める 小島 政行さん 藤沢市在住 72歳

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena

大切なのは、動き続けること

 ○…13日、14日開催のフェスティバルの実行委員長として指揮を執る。コロナ禍でいったん延期となったが、仲間たちと方法を模索。「オンラインでという考えもあったが、NPO活動に大切な『人と人とのふれあい』の場をなんとか作りたいという声が上がった」。会場を初の屋外にするなど、新しい形に切り替えての準備に励む。

 ○…横浜出身。慶應義塾大学を卒業後、第二精工舎(現セイコーインスツル)でクオーツ時計の開発に携わった。30年前に起業し、米国のソフトウェアを日本向けに販売したが、「時代を先取りし過ぎた」と苦笑い。10年前からは社会貢献を人生の中心にシフトした。

 ○…現在は、SDGsに関わる複数の団体で忙しい日々を送る。理事長を務めるNPO法人プラスチックフリージャパンでは、身体や環境に影響のあるマイクロプラスチックやプラごみについての啓発活動を実施。請願書も出し、役所などの自動販売機でのペットボトル販売が中止となった。(一社)SDGs活動支援センターでは、企業コンサルなどで資金を調達し、若者への助成事業を行う。塾長を務める鎌倉ユネスコ協会の講座「SDGsみらい塾」では熱意ある若者の姿からも刺激を受けている。「ビーチクリーンやジェンダーなど、自ら課題を見つけ行動している」とうれしそうに語る。

 ○…「急きょということで、調整中の部分も多い。忙しいけれど、止まることを知らないタイプだから性に合っている」と笑う。市民活動もSDGsも要は、動き続けること、持続すること。「フェスティバルを通じ、コロナ禍でも頑張る市民団体のことを知ってもらいたい。そして『自分もやってみたい』という人が一歩を踏み出すきっかけになれば」

鎌倉版の人物風土記最新6

齋藤 克希さん

一般社団法人サステナブル推進協会「NAMIMATI」を発足する

齋藤 克希さん

稲村ガ崎在住 24歳

6月24日号

五味 俊哉さん

60周年を迎えた鎌倉交響楽団のコンサートマスターを務める

五味 俊哉さん

岩瀬在住 53歳

6月17日号

白井 正和さん

第64回鎌倉市陸上競技選手権大会の一般男子5000mで優勝した

白井 正和さん

植木在住 55歳

6月10日号

野口 満一月(みつき)さん(本名:磯部浩子)

鎌倉市観光協会の「納涼うちわ」を デザインした

野口 満一月(みつき)さん(本名:磯部浩子)

梶原在住 56歳

6月3日号

向井 洋さん

大船警察署の署長に就任した

向井 洋さん

大船在住 53歳

5月27日号

石井 久和さん

鎌倉インテルの総合型地域スポーツクラブの代表を務める

石井 久和さん

大磯町在住 44歳

5月20日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook