鎌倉版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

12月からバッハについての講座を開く作曲家・ピアニスト 太田 彌生さん 61歳

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena

思いを音に乗せて

 ○…深沢学習センターで4回目となる音楽講座の講師を務める。今回は西洋音楽の基礎を作ったバッハに焦点を当てる。「これまで数多くの音楽に触れてきたけれど、バッハほど飽きさせない音楽家はいないんじゃないかと思う。いまだに新たな発見もあるし、母の胎内にいるような居心地の良さも感じる」と魅力を語る。

 ○…横浜市在住。5歳の頃、ヤマハの音楽教室に通う中で、レッスンの一環で作曲を始めた。自身の好きなように音で表現する面白さに惹かれ、音楽科のある北鎌倉女子学園、東京藝大を経て、大学院に通いながら母校・キタカマで教鞭を執り始めた。同校が50周年を迎えた記念に作曲した『学園の四季』は第2の校歌として、親しまれている。

 ○…思い入れが強いのは歌曲、合唱曲。学生時代の授業の影響で、合唱漬けに。高校卒業後から現在も北鎌倉女声合唱団で歌い、団長や鎌倉合唱連盟の理事も務める。鎌倉市市制70周年の時には、市の愛唱歌『夢ひかるわれらの鎌倉』の編曲を担当。また、鎌倉合唱連盟の連盟歌として作曲した『心はひとつ』は、春の合唱祭で歌い継がれている。

 ○…作曲時はしっかりとテーマと向き合い、思いを巡らせる。夢に恩師が出てくることもよくあるという。「切羽詰まっている時も多いし、『大丈夫か』と見に来ているのかも」と笑う。現在は、画家・伊藤若冲の『動植綵絵』をテーマにピアノの小品集を制作中。新曲は、いつも作曲家グループのコンサートなどで披露する。「音楽はCDやユーチューブで気軽に聴けるけれど、生演奏ならではの響きや雰囲気、臨場感を感じてほしい」。自身が感じる音楽の魅力を自身の音に乗せて伝えていく。

鎌倉版の人物風土記最新6

かおかおパンダさん

湘南モノレールのラッピング車両を手掛けたイラストレーター

かおかおパンダさん

腰越在住 46歳

1月28日号

依田 恵美さん

JR鎌倉駅の新駅長

依田 恵美さん

48歳

1月21日号

井出 朋子さん

「鎌倉大仏前マルシェ」の実行委員長

井出 朋子さん

腰越在住

1月14日号

永田 磨梨奈さん

鎌倉青年会議所(JC)の新理事長

永田 磨梨奈さん

七里ガ浜在住 38歳

1月1日号

山本 みなみさん

初の単著「史伝北条義時」を上梓した鎌倉歴史文化交流館の学芸員

山本 みなみさん

市内在住 32歳

12月17日号

TAKAKOさん

鎌倉を拠点に活動する「ビューティークリエイター」

TAKAKOさん

浄明寺在住

12月10日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松竹記念作など上映

鎌倉同人会

松竹記念作など上映

3月9日 鎌倉芸術館で

3月9日~3月9日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook