鎌倉版 掲載号:2022年4月8日号 エリアトップへ

市政報告vol.12 利用団体の意向を再議で踏みにじる 鎌倉市議会議員 岡田かずのり

掲載号:2022年4月8日号

  • LINE
  • hatena

 3月25日の鎌倉市議会臨時議会で、市長提案の再議に付した議会議案第12号に対する会派「鎌倉アップデートチャレンジ」の討論です。

 3月18日の議決の通り決することに賛成の立場から、討論に参加いたします。

 令和4年(2022年)2月定例会の3月18日、鎌倉市議会最終本会議において「議会議案第12号 鎌倉市生涯学習センター条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定について」鎌倉市議会は13対11の票差で可決しました。一方、昨年の12月議会においては「鎌倉市生涯学習センター条例の一部を改正する条例について」は、13対12の票差で理事者(※)側提案の条例は鎌倉市議会で可決されていました。この間、鎌倉市生涯学習センターなどを利用する団体からは、開館時間の変更や利用区分について十分な説明を受けていなかったし、拙速な改定については今一度立ち止まり十分な説明をし、利用団体の意向等を勘案した施策展開が望まれていました。

 鎌倉市生涯学習センターの利用については、昨年12月議会や今年2月議会においても僅差の可決であったことから、十分に市民意見を聞きながら市民の活用に供すことが行政の考え方の元にあってしかるべきでした。今年2月定例会最終本会議において可決した議会議案第12号については可決した条例につき、今般、地方自治法第175条の再議規定により議会において出席議員の3分の2以上の者の同意がなければならないと、可決のハードルを一気に上げる行政の姿勢は市民が活用する社会教育施設の運営管理において度が過ぎていると考えます。

 とはいえ、理事者(※)が再議を行使してきている事実から、それに対する市民団体の再考の陳情もあり、ここは理事者におかれては今一度立ち止まり考えるべきと考えますが、理事者において譲る意思がない強硬姿勢では、2月議会における議会議案第12号に鎌倉アップデートチャレンジの会派は、前回同様に会派として賛成するものであります。

※理事者とは市長のこと

岡田かずのり

鎌倉市植木在住

TEL:080-1265-1888

https://www.facebook.com/Okada5050?epa=SEARCH_BOX

鎌倉版の意見広告・議会報告最新6

給食費の保護者負担軽減へ

市政報告

給食費の保護者負担軽減へ

自民党鎌倉市議会議員団 志田一宏

6月17日号

早稲田ゆき(衆議院議員)×「宇宙かあさん」水野もとこ

緊急対談! 立憲民主党第4区総支部

早稲田ゆき(衆議院議員)×「宇宙かあさん」水野もとこ

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

利用団体の意向を再議で踏みにじる

市政報告vol.12

利用団体の意向を再議で踏みにじる

鎌倉市議会議員 岡田かずのり

4月8日号

令和4年第1回定例会が閉会

県政報告【13】

令和4年第1回定例会が閉会

神奈川県議会議員 永田まりな

4月1日号

指定管理者制度の運営注意深く見守る必要あり

市政報告vol.11

指定管理者制度の運営注意深く見守る必要あり

鎌倉市議会議員 岡田かずのり

3月25日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook