鎌倉版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

第25代ひょうたん娘に選ばれた 今井 恵莉花さん 市内在住 22歳

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena

挑戦で自分の世界広げたい

 ○…大井町の魅力を発信する第25代「ひょうたん娘」の1人に選ばれた。大きなひょうたんを手に、浴衣姿で臨んだ6月の記者発表。今後の活動内容も含め、分からないことだらけだが「やってみたいことは、すでにいくつか考えています」と凛とした表情で語る。

 ○…ひょうたん娘の存在を知ったのは、大学の授業で県西を訪れた今春。歴史ある街の景観や文化財をどう残すかが授業の主旨だったが「残すだけでなく、その魅力を発信することの重要性を感じ、ひょうたん娘の活動に重なるなと」。応募を考える一方で「町にゆかりもないのに応募してもいいのか」と不安がよぎり、会う人すべてに相談。応募メールの送信ボタンを押したのは締め切りの夜だった。

 ○…中高一貫校時代は、文芸部に所属。部長になった年の新入生は0人で危機を感じた。模造紙にまとめて展示する文化祭の定番スタイルは「つまらない」と新企画を発案。自身が大好きな『不思議の国のアリス』の世界を表現した内装や衣装、ゲームなど「楽しめる」ものを準備した。すると、今までできたことがない行列ができ、用意した作品集も瞬く間にはけた。「皆で新たなものを作ることで団結もできた」と振り返る。

 ○…「私の常識は、常識じゃない」。大学入学後、知らない世界がまだまだあると知った。また、自ら動かなければ友人も知識も経験も得にくいことも感じた。以来、マスコミ講座やビジネスコンテストへの参加、さまざまなアルバイトなど積極的に「挑戦」してきた。inゼリー(森永製菓)の次世代ユーザー育成アイデアのコンテストでは大賞を受賞。「やってみることで世界は広がる」。この夏、踏み出す一歩は、新たな世界への期待に満ちている。

鎌倉版の人物風土記最新6

狩野 真実さん

「鎌倉さかなの協同販売所」の開業へ準備する

狩野 真実さん

材木座在住 41歳

8月5日号

長野 ヒデ子さん

絵本・紙芝居作家として活動し、鎌倉文学館で特別展が開かれている

長野 ヒデ子さん

佐助在住 81歳

7月29日号

小澤 牧子さん

「緑化功労者農林水産大臣賞」を受賞した

小澤 牧子さん

大町在住 70歳

7月22日号

大森 雄二さん

市内海水浴場のライフガードマネージャーを務める

大森 雄二さん

材木座在住 49歳

7月15日号

大村 貞雄さん

みらいふる鎌倉(鎌倉市老人クラブ連合会)の会長に就任した

大村 貞雄さん

二階堂在住 84歳

7月8日号

今井 恵莉花さん

第25代ひょうたん娘に選ばれた

今井 恵莉花さん

市内在住 22歳

7月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook